スクラッチ(Scratch)3.0 「動き」カテゴリのブロック説明書

「動き」カテゴリのブロック

〇歩動かすブロック

スプライトを指定した歩数分、現在向いている方向に動かすブロック

「+」の数値を入力するとスプライトは、右方向に動きます

例えば「100」歩動かすと

「‐」の数値を入力するとスプライトは、左方向に動きます

例えば「‐100」歩動かすと

〇度右に回すブロック

現在のスプライトを指定した量、回転するブロック

このブロックで指定する数値は、円の1周を360度とする一般的な「角度」である。

例えば、右に「90」度回す

〇度左に回すぶロック

例えば、左に「90」度回す

どこかの場所へ行くブロック

スプライトのx座標とy座標を、現在のマウスポインターの位置、ステージ上のランダムな場所、または別のスプライトの位置に変更するブロック

x座標を〇、y座標を〇にするブロック

スプライトをx座標とy座標を指定された値にセットするブロック

〇秒でx座標を〇、y座標を〇に変えるブロックスプライトが指定した向きに方向を変える。この結果スプライトは回転する。

指定したx-y座標まで、指定した秒数をかけて、スプライトを滑らかに動かす

〇度に向けるブロック

スプライトが指定した向きに方向を変える。この結果スプライトは回転する。

マウスポインタへ向けるブロック

現在のスプライトを、マウスのポインター、または、他のスプライト(コスチュームの中心が基準となる)に向ける

x座標を〇ずつ変えるブロック

スプライトのコスチュームの中心点のx座標を入力した値だけ変えるブロック

x座標を〇にするブロック

スプライトのx座標を指定した値にするブロック

y座標を〇ずつ変えるブロック

スプライトの y座標を現在の位置から指定した量だけ、変化させるブロック

y座標を〇にするブロック

スプライトのy座標 (上下の位置) を指定した値にするブロック

もしも端に着いたら、跳ね返るブロック

スプライトが画面の端に触れたかどうかを調べて、もし端に触れていた場合は、スプライトの向きをやって来た方向と逆にするブロック

回転方法を「〇〇」にするブロック

プロジェクトで選択中のスプライトを、見た目の回転方法をあらかじめ設定するブロック

3個の値ブロック

スプライトのx座標を返すブロック

スプライトがどこにいるかを調べる時などに使われる。

スプライトのy座標を返すブロック

スプライトがどこにいるかを調べる時などに使われる。

この命令を実行したスプライトの向き (値)の値を返すブロック

このブロックではスプライトの方向を検出できる

スクラッチ(Scratch)3.0 解体新書(先生限定版)

トップへ