スクラッチ(Scratch)3.0 「制御」カテゴリのブロック説明書

「制御」カテゴリのブロック説明書

〇秒待つブロック

クリプトを指定した秒数( 小数も指定できる )、一時停止するブロック

〇回繰り返すブロック

指定した回数、中に入っているブロックをくり返し実行するブロック

くり返しが終わったあとは、このブロックの下にあるスクリプトが実行される

ずっとブロック

中に入れたブロックを繰り返し実行する( 無限ループ )ブロック

もし「〇〇」ならブロック

真偽ブロックとして与えられた条件が成り立っているかどうかを調べ、条件が真(true:はい)になるときに、中のブロックを実行する

条件が偽(false:いいえ)になるときは、このブロックの中にあるブロックは無視されて、このブロックの下につなげたブロックに実行がうつる

もし「〇〇」なら、でなければブロック

与えられた真偽条件を調べて、その結果が真(True:はい)なら、2つあるC型のスペースのうち、上のCにはさまれた部分のプログラムを実行する。そして実行が終われば、このブロックの下にあるコードに実行がうつる。

真偽条件を調べた結果が偽(False:いいえ)なら、下のCにはされまれた部分のプログラムを実行する

「〇〇」まで待つブロック

与えられた真偽ブロックの条件が真(True:はい)になるまで、スクリプトの実行を停止するブロック

「〇〇」まで繰り返すブロック

与えられた真偽ブロックの結果が真(True:はい)になるまでC型の内部に入れたコードを繰り返し実行するブロック

真になった後は、このブロックの下にあるブロックに処理が移動する

「〇〇」を止めるブロック

対象のプログラムを止める役割を持つブロック

クローンされたときブロック

クローンとして作成されたときに指定した処理を実行するブロック

クローンが作成されるたびに指定したスクリプトを実行するが、スクリプト実行の対象となるのは、作成されたそのクローンだけである。

「〇〇」のクローンを作るブロック

引数として指定したスプライトのクローンを作成するブロック

このクローンを削除するブロック

このブロックを実行したクローンを消す働きをもつ

スクラッチ(Scratch)3.0 解体新書(先生限定版)

トップへ