ブログ

【コラム】心の負担を和らげる認知症ケアの心得とは~デイサービスおもと 下神明~

2019年7月3日

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明

住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【コラム】認知症ケアで知っておきたい認知症の進行について~中核症状と行動・心理症状~~デイサービスおもと 下神明~

2019年7月3日

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明
https://www.ds-omoto.com/
住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【コラム】認知症ケアに取り入れたいMCTとは~MCTのサプリメント~~デイサービスおもと 下神明~

2019年7月3日

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明
https://www.ds-omoto.com/
住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【コラム】嗅覚を刺激した認知症ケアの活用方法とは「アロマセラピー」~デイサービスおもと 下神明~

2019年7月3日

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明

住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【コラム】認知症ケアでリハビリが大切な理由とは~デイサービスおもと 下神明~

2019年7月3日

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明

住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【コラム】認知症ケアに効果がある回想法とは~デイサービスおもと 下神明~

2019年7月3日

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明

住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

デイサービスおもと 下神明の1日 2019年7月2日(火)朝のプログラム

2019年7月2日

7:30 送迎ドライバーさんが出勤。

 

 

Aさんを8:00に。

Bさんを8:10にご自宅迎え

Aさん、Bさんが8:15にデイサービスに到着。

 

 

デイサービスおもとのフロアは2階にあるので、

Aさんは、階段昇降機を使って2階に上がり、

Bさんは、自力で階段を手すりを使って上がります。

 

 

 

Bさんは到着したら上履きをはきます。

デイサービスおもとは、基本靴は脱ぎます。

Bさんは昔懐かしい「上履きズック」をはきます。

慣れているからとはくようにしています。

 

Bさんは認知症が進んできました。

落ち着いている時は、そうでもないのですが、

今日は、「家に帰ります」が始まります。

 

ドライバーさんがフロアに戻って待機していると

「すみません、家の前まで送ってくれませんか」と。

認知症による記憶障害は顕著なのに、

何故、家に送ってくれる運転手さんだと分かるのか?

 

これが「なじみの関係」なのです。

 

Bさんは在宅ではご主人が大変なので、月~金曜日のご利用。

家にいるよりもデイサービスにいる時間の方が多い。

毎日顔を合わせているスタッフの顔は覚えてくれます。

俗にいう「刷り込み」なんだと思います。

 

この記事を書いている時間では、Bさんも落ち着いて

ご自分の咳に座って、スタッフと話をしています。

 

今日は、9時過ぎにくるCさんが風邪のためお休み。

次の到着は11時過ぎに3人来るのみ。

ゆったりとした火曜日です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明
https://www.ds-omoto.com/
住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「安全・安心QRコードキーホルダー」作成販売 徘徊高齢者対策用

2019年6月11日

 

認知症の高齢者が徘徊をして行方不明になったというニュースをよく聞くようになりました。

 

徘徊をしているからと言って、理由がないのではなく、何らかの理由があって徘徊をしているのです。

 

しかし、周りから見ても認知症の人が徘徊をしているのか・・・?分かりませんよね。

 

そこで、安心・安全のために「QRコード付きキーホルダー」の販売を開始しました。

 

「安全・安心QRコードキーホルダー」は、全角135文字以内の情報を収めたQRコードをキーホルダーとしたもの。

 

名前や住所等の情報を登録しておけば、万が一の際に身元確認を助けてくれるキーホルダーになっています。

 

 

製作意図

 

認知症になると、自分の名前や住んでいる住所が分からなくなり

外をウロウロしていて、警察に保護されたとしてもどこの誰だか分からない

そんなことにならないように、安心・安全キーホルダーを作りました

 

製品概要

 

50mm×50mmの大きさのキーホルダーに、お客様ご指定の内容のQRコードを印字してお届けいたします。

(QRコードへの記録文字数は、全角135文字以内)

 

QRコードは、スマートフォンアプリで簡単に確認することができますので、

ご高齢者の方などを保護した行政当局や警察関係者などによって

迅速に確認してもらうことができます。

 

徘徊高齢者対策用「安全・安心QRコードキーホルダー」の特徴

 

1:徘徊高齢者の早期身元確認ができ、安全とお家族の負担軽減になります。

 

2:QRコードに記録する内容は、全角135文字以内なら任意で決められます。

 

3:プライバシーや個人情報が気になる方は、お住まいの市町村とお名前だけでも安心です。

 

 

徘徊高齢者の早期発見、身元確認は、ご本人にとってもご家族にとっても安心材料です。

 

 

 

 

徘徊高齢者対策用「安全・安心QRコードキーホルダー

 

 

 

キーホルダー+QRコード作成=1000円

 

全角135文字以内

 

 

東京都品川区〇〇1-2-3

〇〇〇〇子

03-3787-0000

 

⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

 

 

 

詳しくは、

 

 

お問合せフォームからお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明
https://www.ds-omoto.com/
住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

デイサービスおもと 下神明の1日 2019年6月11日(火)朝のプログラム

2019年6月11日

7:30 送迎ドライバーさんが出勤。

 

 

 

Aさんを8:00に。

Bさんを8:10にご自宅迎え

 

Aさん、Bさんが8:15にデイサービスに到着。

デイサービスおもとのフロアは2階にあるので、

Aさんは、階段昇降機を使って2階に上がり、

Bさんは、自力で階段を手すりを使って上がります。

 

 

デイフロアへは靴を脱いで、ご自分の靴は下駄箱へ。

連絡ノートももらって、お荷物は荷物BOXへ。

ご自分でできる方は、ご自分で(自立支援)。

 

 

 

お茶を飲んで一服したら、Aさん、Bさん一人ずつで

 

① 健康チェックです。

血圧計で血圧と脈拍を。

体温計で体温を。

月初めに1度、体重測定。

 

⓶ 頭の体操(脳トレ)

学習療法に基づく計算と音読

磁石すうじ盤を。

計算は、一桁の繰り上がりのない足し算。

音読は、文学の冒頭部分を100文字~500文字。

声を出して読んで。

最後に磁石すうじ盤(1~100まで)並べ。

 

頭を使うので疲れてしまう人もいますが、すっきりして。

1日に1回は頭を動かすことで脳が活性化します。

 

 

 

そうしている内に、9:30 Cさんが到着です。

Cさんは、階段をしっかりとした歩調で上がってきます。

 

Cさんもお茶を飲んで一服したら

健康チェックと脳トレ。

 

 

次にAさんが今日は入浴をする日なので浴室へ誘導。

お一人お一人、ゆっくり浴槽に入りながら入浴時間。

スタッフが見守りと介助をします。

おおよそ30分位で出てきました。

さっぱりと、気持ちよさそうに。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明
https://www.ds-omoto.com/
住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

徘徊高齢者対策用「安全・安心QRコードキーホルダー」作成販売

2019年6月11日

 

認知症の高齢者が徘徊をして行方不明になったというニュースをよく聞くようになりました。

 

徘徊をしているからと言って、理由がないのではなく、何らかの理由があって徘徊をしているのです。

 

しかし、周りから見ても認知症の人が徘徊をしているのか・・・?分かりませんよね。

 

そこで、安心・安全のために「QRコード付きキーホルダー」の販売を開始しました。

 

「安全・安心QRコードキーホルダー」は、全角135文字以内の情報を収めたQRコードをキーホルダーとしたもの。

 

名前や住所等の情報を登録しておけば、万が一の際に身元確認を助けてくれるキーホルダーになっています。

 

 

製作意図

 

認知症になると、自分の名前や住んでいる住所が分からなくなり

外をウロウロしていて、警察に保護されたとしてもどこの誰だか分からない

そんなことにならないように、安心・安全キーホルダーを作りました

 

製品概要

 

50mm×50mmの大きさのキーホルダーに、お客様ご指定の内容のQRコードを印字してお届けいたします。

(QRコードへの記録文字数は、全角135文字以内)

 

QRコードは、スマートフォンアプリで簡単に確認することができますので、

ご高齢者の方などを保護した行政当局や警察関係者などによって

迅速に確認してもらうことができます。

 

徘徊高齢者対策用「安全・安心QRコードキーホルダー」の特徴

 

1:徘徊高齢者の早期身元確認ができ、安全とお家族の負担軽減になります。

 

2:QRコードに記録する内容は、全角135文字以内なら任意で決められます。

 

3:プライバシーや個人情報が気になる方は、お住まいの市町村とお名前だけでも安心です。

 

 

徘徊高齢者の早期発見、身元確認は、ご本人にとってもご家族にとっても安心材料です。

 

 

 

 

徘徊高齢者対策用「安全・安心QRコードキーホルダー

 

 

 

詳しくは、
お問合せフォームからお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
デイサービスおもと 下神明
https://www.ds-omoto.com/
住所:東京都品川区二葉1-4-27
日東マンション2F
TEL:03‐3784‐7731
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このページのトップへ

施設見学