超初心者が最速でブラインドタッチをマスターする方法

ブラインドタッチとは?

キーボードのキーを見ずにタイプすること。

ブラインドタッチとは、キーボードによる情報入力(タイピング)において、打鍵するキーを目視確認せず、ディスプレイを見たまま正確にキーボード入力を行うことである。

ブラインドタッチができるようになると、入力の際にキーボードへ視線を落とす手間を省くことができるので、キーボード入力の時間と労力を大幅に削減することができる。また、より「デキる」人物に見えるというメリットもある。

文字入力はローマ字入力の一択!

かな入力の場合に覚えるキーの数

ローマ字入力の場合に覚えるキーの数

ローマ字入力の場合は、キーを覚える数が少ないので文字入力も早くなります

ホームポジション

左手の人差し指を「F」、右手の人差し指を「J」に置くこと

ホームポジションを覚えたら、次はそれぞれの指が押すキーを覚えます

母音を覚える(aiueo)

ローマ字入力で文字を入力する時には、必ず母音(AIUEO)ののキーは必ず使いますので、しっかりとキーボードを見なくても押せるように練習を繰り返しましょう

「あ」「い」「う」「え」「お」のキーは必ず覚えましょう

「あ」:左手小指

「い」:右手中指

「う」:右手人差し指

「え」:左手中指

「お」:右手薬指

この練習を5~10分ぐらく繰り返すと母音のキーを覚えられるはずです

子音:か~わ行を覚える(kstnhmyrw)

か行

「か」:K(右手中指)+「あ」左手小指

「き」:K(右手中指)+「い」右手中指

「く」:K(右手中指)+「う」右手人差し指

「け」:K(右手中指)+「え」左手中指

「こ」:K(右手中指)+「お」右手薬指

これを2~3分繰り返していると「K」のキーの位置を覚えていきます

さ行

「さ」:S(左手薬指)+「あ」左手小指

「し」:S(左手薬指)+「い」右手中指

「す」:S(左手薬指)+「う」右手人差し指

「せ」:S(左手薬指)+「え」左手中指

「そ」:S(左手薬指)+「お」右手薬指

これを2~3分繰り返していると「S」のキーの位置を覚えていきます

た行

「た」:T(左手人差し指)+「あ」左手小指

「ち」:T(左手人差し指)+「い」右手中指

「つ」:T(左手人差し指)+「う」右手人差し指

「て」:T(左手人差し指)+「え」左手中指

「と」:T(左手人差し指)+「お」右手薬指

これを2~3分繰り返していると「T」のキーの位置を覚えていきます

な行

「な」:N(右手人差し指)+「あ」左手小指

「に」:N(右手人差し指)+「い」右手中指

「ぬ」:N(右手人差し指)+「う」右手人差し指

「ね」:N(右手人差し指)+「え」左手中指

「の」:N(右手人差し指)+「お」右手薬指

これを2~3分繰り返していると「N」のキーの位置を覚えていきます

は行

「は」:H(右手人差し指)+「あ」左手小指

「ひ」:H(右手人差し指)+「い」右手中指

「ふ」:H(右手人差し指)+「う」右手人差し指

「へ」:H(右手人差し指)+「え」左手中指

「ほ」:H(右手人差し指)+「お」右手薬指

これを2~3分繰り返していると「H」のキーの位置を覚えていきます

ま行

「ま」:M(右手人差し指)+「あ」左手小指

「み」:M(右手人差し指))+「い」右手中指

「む」:M(右手人差し指)+「う」右手人差し指

「め」:M(右手人差し指)+「え」左手中指

「も」:M(右手人差し指))+「お」右手薬指

これを2~3分繰り返していると「M」のキーの位置を覚えていきます

や行・わ行

「や」:Y(右手人差し指)+「あ」左手小指

「ゆ」:Y(右手人差し指)+「う」右手人差し指

「よ」:Y(右手人差し指)+「お」右手薬指

「わ」:W(右手薬指)+「あ」左手小指

これを2~3分繰り返していると「Y・W」のキーの位置を覚えていきます

慣れてきたら少しずつ早く打てるようになります

濁音(gzdb)

が行・ざ行・だ行・ば行

1つの行を2~3分間繰り返して行えば覚えられるでしょう

句読点と!?、「ー」

「、」「。」「!」「?」

まとめ

まずは、ホームポジションに左右の人差し指を置くところをしっかりと覚えて、次は母音の位置をしっかりと指に覚えさせましょう

母音をしっかりと覚えてしまえば、子音を打つときは、か行ならば「K」と母音の「AIUEO」を組み合わせればか行は覚えることができますし、されに、さ行からわ行までも子音の位置を覚えてしまえば、文章を打つ速度も断然、早くなります

とにかく、練習あるのみですので、あきらめないで練習を繰り返しましょう

 

 

トップへ