プログラミング教育2020 年度から小学校導入 【プログラミング教室おもと 下神明】

2020 年度から小学校においても

プログラミング教育を導入

 

プログラミング(命令)がなければ

コンピューターはただの箱

 

プログラミングは面白いもの

 

小学校段階における

論理的思考力や創造性、

問題解決能力等の育成

 

プログラミング的思考

 

発達の段階に即して、

「プログラミング的思考」を育成すること

 

「プログラミング的思考」とは、「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」であると説明されています

 

 

 

プログラミング教育で育む「三つの柱」資質・能力

 

【知識及び技能】身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと。

【思考力、判断力、表現力等】発達の段階に即して、「プログラミング的思考」を育成すること。

【学びに向かう力、人間性等】発達の段階に即して、コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること。

 

特に小学校においては、「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」を行うことと規定しました。

 

 

 

 

小学校プログラミング教育で育む力

 

①「プログラミング的思考」を育むこと

②プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことができるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと、

③各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なものとすること

 

 

楽しさや面白さ、達成感を味わわせることによって、プログラムのよさ等への「気付き」を促し、コンピュータ等を「もっと活用したい」、「上手に活用したい」といった意欲を喚起することができます

 

 

児童がプログラミングを「体験」し、自らが意図する動きを実現するために試行錯誤することが極めて重要となります。

 

 

正三角形をかくプログラム

 

 

 

 

 

「プログラミング的思考」の育成

プログラミングのよさ等への「気付き」

コンピュータ等を上手に活用しようとする態度の育成を図ることが望まれます。

 

 

 

トップへ