高齢者のお墓参りも外出支援で安心して行ける

遠方でお墓参りに行けない時は


体が不自由であることや、体力の低下が原因で外出できない高齢者も少なくありませんが、外出支援を利用するとあらゆる外出の要望に対応してくれます。
例えば、お墓参りです。
お墓参りに行きたくても行けないという高齢者も多いのではないでしょうか。
お墓まで遠くて行けないという人も少なくありません。
田舎の山の中であればお墓に行くだけで半日から1日かかってしまうこともあります。
交通機関が便利であっても、高齢者にとっては遠方のお墓までは行きにくいものです。
お墓参りの付き添いとして家族が仕事を休むとその負担が大きくなってしまうでしょう。
外出支援は利用する高齢者本人だけでなく、家族も安心できるサポートです。
旅行を兼ねてお墓参りをすることもできます。
身体的な理由で外出に消極的になっている高齢者も、旅行を兼ねたお墓参りをすることで気分が明るくなるかもしれません。
 

知識と技術のある同伴スタッフがいるから安心


実際に、外出支援を利用して旅行を兼ねたお墓参りを年に2回行っている高齢夫婦がいます。
当初、要介護5で車椅子を降りることに消極的だった奥様は、外出支援を利用してお墓参りや旅行に行くことで、歩くことにも積極的になったそうです。
旅行の効果もあり、現在では要介護3になっています。
老夫婦の場合、介護する側にとっても外出は大変なことです。
外出支援を上手に活用して、生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。
介護が必要になった時、したいことがあっても家族に負担をかけるのは申し訳ないという複雑な心情もあります。
そのような場合は、外出支援を利用してみてください。
介護に関する知識や技術のある有資格者が外出に同伴します。
外出先でトラブルが発生した時も安心できるでしょう。
お墓参りは手を合わせるだけならまだしも、お墓を掃除したり、水が入ったバケツを運んだりしなければなりません。
体の負担になることを同伴するスタッフに依頼をすることができます。
お墓参りに行けない人の代わりに代行してくれるサービスもありますが、実際にお墓に手を合わせに行きたいという人は外出支援を利用してみてください。
 

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ