高齢者の旅行に同行する外出支援とは

外出支援を利用して旅行を楽しもう


外出支援というサービスを利用すると身体的な理由などで諦めていた旅行も楽しむことができ、高齢者に人気があります。
高齢になると身体が不自由になり、体力の低下などで外出に消極的になる人も少なくありません。
しかし、外に出ることは健全な精神を保つことにとっても大切なことなのです。
特に、旅行は最高のリハビリと言われており、自宅周辺や住んでいる地域とは違った空気、景色に触れることで五感を刺激し、明るい気持ちにさせてくれます。
外出支援を利用して旅行に出かければ、体の不自由さや体力低下を気にすることなく充実した生活を満喫することができるでしょう。
また、旅行は介護をしている家族の息抜きともなります。
外出支援を利用せずに介護をしながら家族旅行をすると、普段の生活とは異なるサポートが必要になることや、想定していなかったトラブルが発生するかもしれません。
不安を抱えながら旅行をするのは、介護をする側にとっても大変なことです。
外出支援は介護経験のあるスタッフが同伴するため、家族も安心して旅行を楽しむことができます。
 

家族が注意しなければならないこと


外出支援で同伴するスタッフは有資格者です。
専門知識と技術が求められる場面に遭遇しても対応します。
このような有資格者が同伴しても、介護が必要な人と旅行に行く時は付添人として家族が注意しておくべきポイントがあります。
それは、予定の立て方です。
高齢者は移動に時間がかかることや、トイレ休憩が多いです。
そのため、予定していた時間を押してしまうことも少なくありません。
せっかくの旅行ですが、予定を詰めすぎてしまうと高齢者や家族のストレスになります。
そのため、予定はゆとりを持って決めることが大切です。
また、お薬手帳や後期高齢保険証を持参してください。
同伴するスタッフだけでは完全に対応することができない可能性もあります。
その場合は旅行先で病院に行くことになるため、お薬手帳や後期高齢保険証が必要です。
外出支援を利用して、高齢者にとって無理のない旅行を計画してみてはいかがでしょうか。
 

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ