認知症の自己診断ができるアプリとは?

    スマホのアプリで認知症対策

    近年、高齢者でもスマホを使いこなしている人が多くいます。
    スマホのアプリを楽しんでいる人もいるのではないでしょうか。
    様々なアプリがありますが、認知症対策にもなるアプリがあります。
    認知症対策になるアプリはiPhoneまたはAndroidのスマホで利用することが可能です。
    アプリをインストールしたスマホを持ち歩くと、アプリが継続的に歩行速度を測定し、認知症や軽度認知障害を発症するリスクが高いと思われるときに、アプリの利用者と登録している家族に通知されるようになっています。
    また、ゲーム感覚で遊べる脳トレを行い、楽しく効果的に脳を鍛えることができるのです。
    認知症対策の一つとしてスマホのアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

     

    楽しみながら認知症対策をしよう

    認知症対策は高齢者だけのものではありません。
    40代でも脳が少しずつ萎縮してしまい、名前が出てこないなどの物忘れも出てくるでしょう。
    脳トレは高齢者になってからではなく、できるだけ早い段階から対策が必要です。
    認知症対策としてアプリを活用する際は、パズルや計算、麻雀や囲碁、将棋、オセロなどのゲームを選んでみてはいかがでしょうか。
    パズルは認知症予防に効果的であると考えられます。
    1回だけでは効果は得られないため、アプリを活用して継続的に行いましょう。
    パズルはどのようなものでも問題ありませんが、年齢にあったものがオススメです。
    数字のパズルであるナンバープレースも効果があります。
    認知機能の一つである計算機能を低下させないために、計算を取り入れたアプリもオススメです。
    高齢者であれば簡単な足し算、引き算、若い人であれば高度な計算問題を制限時間内に解くと効果があります。
    麻雀や囲碁、将棋、オセロは相手の手の裏を読むゲームで、高度な認知機能が必要です。
    楽しみながらゲームをすると脳が刺激され、活性化につながります。
    難しい、嫌だと思うようであれば他のアプリやゲームを選んでください。
    楽しく行うということが認知症対策にとって大切なポイントになります。
    スマホのアプリで楽しみながらほかの対策と合わせて認知症対策をしましょう。
    スマホのアプリを楽しんでいる人もいるのではないでしょうか。様々なアプリがありますが、認知症対策にもなるアプリがあります。認知症対策の一つとしてスマホのアプリを利用してみてください。
    スマホのアプリを楽しんでいる人もいるのではないでしょうか。
    様々なアプリがありますが、認知症対策にもなるアプリがあります。
    認知症対策の一つとしてスマホのアプリを利用してみてください。
    楽しく行うことが認知症対策にとって大切なポイントになります。

     

    認知症に関する質問・相談はこちらへ

    お問合せ