認知症の方の物忘れをサポートするアプリとは

加齢による物忘れと認知症の違い

高齢者になると脳も老化し、物忘れをしやすくなりますが加齢に伴う物忘れと認知症は大きく違います。
加齢による物忘れは、物忘れを自覚していたり、体験したことの一部を忘れたりなど、ヒントがあれば思い出すことができる、日常生活には支障はない、判断力の低下はないです。
一方、認知症による物忘れは自覚がありません。
体験したこと自体を忘れたり、ヒントを聞いても思い出すことができなかったりすることが多いです。
日常生活に支障があり、判断力も低下します。
多くの人は60歳頃になると記憶力だけでなく、判断力や適応力に衰えがみられるようになり、脳機能の老化が始まりますが、これは認知症の症状ではありません。
認知症の症状としての忘れ物は、体験自体の記憶がないため、約束したことすら覚えていない、物がない、盗まれたと怒ることがあるため注意が必要です。
近年、認知症による物忘れをサポートするスマホのアプリが増えてきました。
スマホのアプリを活用して、物忘れのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。

 

物忘れのサポートについて

物忘れのサポートをするアプリは様々な種類がありますが、オススメのアプリは脳トレです。
特に、ちょっと物忘れが増えてきた人にオススメのアプリで、ゲーム感覚で脳トレができます。
ハーバード大学やスタンフォード大学など世界40以上の研究機関と共同で作ったアプリがあり、記憶力や注意力、柔軟性など自分が鍛えたい項目を選ぶことが可能です。
ゲームをするとスコアが発表され、どこが苦手なのかが一目でわかります。
ゲームの内容がしっかりしており、満足する人が多いようです。
子供や孫と一緒に遊びながら物忘れをサポートするアプリもあります。
子供でも解ける問題をクイズ形式で楽しみながら脳を鍛えるというアプリです。
例えば、なぞなぞ問題や曜日計算、簡単な漢字を組み合わせて熟語を作る問題などがあります。
思考力が求められため、脳が鍛えられます。
認知症予防にもなるとされており、物忘れがひどいと感じている人は脳を鍛えるのに効果があるアプリと言えるでしょう。
楽しく続けられそうなアプリを活用してみてはいかがでしょうか。

近年、認知症による物忘れをサポートするスマホのアプリが増えてきました。
子供や孫と一緒に遊びながら物忘れをサポートするアプリもあります。
楽しく継続できるアプリを探してみてください。
近年、認知症による物忘れをサポートするスマホのアプリが増えてきました。
ゲーム感覚で脳トレができるアプリや子供や孫と一緒に遊びながら物忘れをサポートするアプリもあります。楽しく継続できるアプリを探してみてください

 

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ