認知症対策に使われているアプリとは?

スマホのアプリで自己診断

自分が認知症であるかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。
病院に行くと認知症診断をしてくれますが、自分でも簡単に行える自己診断があります。
それは、スマホを活用したアプリです。
認知症は他人事ではありません。
スマホのアプリで自己診断をして、認知症予防を行いましょう。
オススメのアプリの一つは、「NoBoke ~ 認知症、アルツハイマー診断・予防 ~」です。
このアプリは4種類のゲームを通じて脳機能の働きを簡易的に診断します。
脳を働かせるゲームでもあるため、認知症対策にも効果的dえす。
もし、このアプリで悪い結果が出たときは、早めにお医者さんに相談しに行きましょう。
結果は点数化されます。
悪い点数が続いたら、病院へ相談しに行き認知症を知るきっかけにもなるのです。

 

認知症である可能性がある場合は早期治療に繋げることができる

認知症は高齢者がなるイメージがありますが、人によっては30代で症状が出ることもあるのです。
自分は大丈夫なのかどうかを調べるためにも、自己診断は大切です。
病院での診断は正確ですが、時間がなかったり、行く決断ができなかったりする場合もあるのではないでしょうか。
スマホのアプリであれば、手軽に自己診断できるためオススメです。
いい結果が出れば、ホッと安心もできます。
「認知症診断テスト 脳トレや脳年齢チェック診断にも」というアプリも認知症の自己診断ができるアプリの一つです。
このアプリでは、いくつかの質問に答えると認知症度がどれくらいかを診断してくれます。
問題がないといった結果が出れば安心です。
仮に、認知症である可能性がある場合は早期治療に繋げることもできます。
「もしかして認知症?早期診断セルフチェック!」も簡単に自己診断ができるアプリです。
数分で終わる認知症診断アプリで◯や×で答えるだけで手軽にできます。
また、脳に良い食べ物を紹介するなど、認知症対策についても知ることができます。
認知症の可能性を知ることはとても大切なことです。
スマホのアプリで自己診断してみてはいかがでしょうか。
これらのスマホアプリは無料です。
病院に相談しに行く前に、試してみてください。

自分が認知症であるかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。病院に行くと認知症診断をしてくれますが、自分でも簡単に行える自己診断があります。それは、スマホのアプリです。

自分が認知症であるかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。病院に行くと認知症診断をしてくれますが、自分でも簡単に行える自己診断があります。それは、スマホのアプリです。病院へ相談し行くきっかけにもなります。

 

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ