認知症ケアに適した環境について

環境の変化に敏感になる

認知症の人は、環境の変化にとても敏感です。
そのため、認知症ケアをする際も適切な環境を整えなければなりません。
認知症は脳機能に障害が発生することで、発症します。
記憶障害、見当識障害、実行力障害などが、認知症の症状としてありますが、こうした症状によってこれまでできていたことができなくなったり、どのように行動したら良いかわからなくなったりします。
その上、生活のストレスや周囲の環境、人間関係などの要因が加わると、不安やうつ状態、幻覚、妄想、徘徊、興奮、暴力、不潔行為、せん妄などの行動が引き起こされるのです。
こうした行動や心理症状はトラブルを起こしやすいため、悩んでいる家族も少なくありません。
しかし、行動、心理症状は中核症状や生活環境、周囲の関わり方が主な原因となって引き起こされるため、環境を工夫することで症状を和らげることができます。
自宅で認知症ケアを行うのであれば、これまでと大きく変わらない環境で安心して生活できる環境を整えることがポイントです。

馴染みのある環境で認知症ケア

自宅で認知症ケアを続けるためには、家族のサポートが不可欠です。
しかし、家族だけで認知症ケアをしていくことはとても難しいでしょう。
時間的な問題だけではなく、精神的にも負担がかかります。
そのような場合は、小規模なデイサービス、訪問介護、宿泊を組み合わせている介護サービスを利用してみると良いでしょう。
この3つのサービスを同じ民間企業などに依頼することで、顔馴染みのスタッフが対応し、不安を最小限に抑えることができるのです。
馴染みの環境を維持し、住み慣れた地域で認知症ケアをすると安心して生活することができます。
さらに、それだけではなく、家族の不安や心身の疲労にも寄り添います。
離れて住む家族も安心できるのではないでしょうか。
認知症になっても、その人の意思を尊重して認知症ケアをしていくことが大切です。
できるだけ住み慣れた地域や、馴染みのある環境の中で、自分らしく暮らし続けられるように、周囲のサポートに頼りましょう。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ