高齢者の外出支援における目的とは

外出したくてもできない高齢者

精神的や肉体的にも外出することでリフレッシュすることができ、適度な運動をすることは、心身の健康を促すものでもあります。
それは、高齢者にとっても同じことです。
好きなときにお出かけしたいと思っている高齢者も少なくありません。
しかし、介護が必要な人や身体が不自由な場合には、簡単に外出することはできないでしょう。
また、高齢者になると少しの段差で躓いたり、階段の上り下りがつらいと感じたりするものです。
家族や介護者の負担などがネックになり、中々外出できずに困っている高齢者も多いのではないでしょうか。
そのような場合は、外出支援サービスをおすすめします。
外出支援サービスを利用する前には、高齢者の外出の目的について知っておきましょう。

外出する目的とは

高齢者のメンタルケアやヘルスケアには、外出はとても効果的であるとカンがられています。
外出をすることで、足腰の筋力低下を防ぎ、認知能力低下を防ぐことにも繋がります。
外出をせずにいると、不調を引き起こして、介護レベルを上げなければならない危険性も出てくるでしょう。
自宅に引きこもり、閉じこもることで引き起こされる病気や症状はとても深刻となっており、健康状態を維持する目的で外出をすることがとても大切です。
高齢者の外出時に家族や介護者がサポートできないのであれば、外出支援サービスを利用しましょう。
外出支援サービスは身体が不自由、外出が自力では困難な高齢者の外出をサポートするサービスです。
介護保険では対象外のサポートとなるため、自治体や民間企業によって外出支援サービスが有料で提供されています。
サービス内容はそれぞれ団体によって異なるため、確認が必要です。
高齢者の移動をサポートする介護タクシーや買い物のお手伝い、お散歩の付き添い、映画や劇を一緒にみるなど、高齢者のより人間らしい生活を送ることができるような支援があります。
利用者や家族の要望に応えてくれる外出支援を利用してみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ