家族の負担を減らす生活支援について

高齢者と家族を支える生活支援サービス

両親の介護や生活を支えている家族も少なくありませんが、精神的や肉体的にも負担がかかるため、疲れてしまったという人もいるのではないでしょうか。
そのような場合は、生活支援サービスを利用することを検討してみると良いでしょう。
また、高齢者になると、掃除や洗濯といった日常生活に必要な家事も、身体に負担がかかります。
家族が同居をしていれば補助することもできますが、遠方に住んでいると手伝ってあげることが難しいです。
近年、高齢者の生活をサポートするサービスが相次ぎ登場しています。
介護保険では対象にならない日常生活のお世話が主なサービス内容となり、老々介護の場合や家族も利用することが可能です。
生活支援サービスをうまく活用すると、家族の負担を軽減することができるでしょう。

介護保険対象外のサービス

家電製品の取り扱いは高齢者にとって難題です。
生活支援サービスを利用すると、部屋の模様替えや家具の移動、パソコンの移設、テレビ裏の配線などを行ってもらうことができます。
高齢者が苦手な電球の交換や水回りのパッキン交換は、介護保険の対象外です。
保険外の分野で生活支援を行うサービスがたくさんありますが、地域によってサービス内容が異なるため、確認してみてください。
公的な介護保険は、65歳以上で認定を受けた人や特定の病気で介護が必要な40歳以上の人が利用できるようになっています。
費用の1割を負担すると、生活の援助を行ってくれますが、介護保険の対象メニューは細かく決められているのです。
生活支援サービスは、家事全般だけではありません。
入院中の高齢者が、一時退院する際に自宅まで付き添ってくれるサービスもあります。
通常、一時退院の場合は病院を出たときから家族がお世話をしますが、時間的に不可能な場合もあるでしょう。
そのようなときに、生活支援サービスを利用すると家族の負担を軽減することができます。
退院してから、在宅介護が可能なのかどうかを見極めたいと考える家族が利用することが多いようです。
精神的な疲れも和らぐことがあるため、家族の負担を少しでも減らすために、生活支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ