買い物代行に掛かる時間とは

誰でも利用できる買い物代行

日常生活に必要な家事を本人に代わって行う家事代行サービスの中には、買い物代行というものがあります。
買い物代行などの家事代行サービスは、お金に余裕がある人が利用するものだというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、最近では共働きをしている夫婦や子育てファミリー、体調不良や怪我のために外出が難しい人、高齢者など幅広く利用されています。
数年前からはインターネットを利用して、パソコンやスマホから予約できるようになり、より身近なサービスとなっているのです。
買い物代行を利用する際に気になるのは、料金についてでしょう。
週に1回、月に2回以上など、定期利用契約が一般的であり、1時間あたり2000円から3000円、1回2時間、3時間以上、30分単位で利用できることが多いです。
買い物代行を提供している団体によって料金が異なるため、確認しましょう。
また、買い物代行を依頼するときは、どのような買い物を頼みたいかを伝え、所要時間や料金の見積もりを取ってみてください。

買い物代行の所要時間

買い物代行は他の家事代行サービスとは異なり、所要時間がわかりにくいという特徴があります。
同じスーパーで買い物を依頼しても、担当するスタッフや交通事情によって大きく所要時間が変わることもあるのです。
そのため、延長する場合の追加料金の支払い基準も確認する必要があります。
定期的に買い物代行を利用したいと考えている人は契約書を交わし、トラブルなく利用したいと考えますが、料金や所要時間についてしっかりと確認しておかなければトラブルが発生することもあるでしょう。
また、買い物代行を依頼する前には買い物リストをつくり、現金を用意しておくことが大切です。
買い物をする店舗も指定して依頼しますが、遠方の買い物代行はサービス料の他に交通費がかかることがほとんどです。
買い物代行のプランを設けている団体もあれば、時間制で料金が決まる団体もあります。
自分にとって使いやすい買い物代行を検討してみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ