認知症ケアを支える認知症サポーター

認知症サポーターとは

認知症ケアにおける認知症サポーターとは、特定非営利活動法人が実施している認知症サポーターキャラバン事業の養成講座を受講、修了した人を称する名称です。
全国には認知症サポーターが約540万人いるとされており、地域において認知症の人が穏やかに生活するための見守りや環境設備に力を入れています。
認知症サポーターとして認められたからといって、認知症ケアなど何かの活動を必ずしなければならないという決まりはありません。
認知症サポーターの活動としては、認知症を正しく理解して、認知症の人だけでなく、その家族の良き理解者となることです。
認知症で困っている人や、その家族に寄り添ってサポートします。
また、認知症サポーターは地域の高齢者や予備軍を含む認知症の人を見守ることが多いため、地域活性の担い手などと期待されています。
今後は、地域包括ケアシステムなど公的サービスを地域住民のニーズに応えて連携協力をして医療、介護などが協働するシステムが構築されていくでしょう。
認知症に悩んでいる人や認知症ケアに悩んでいる家族は、認知症サポーターに頼ってみてはいかがでしょうか。

認知症サポーターに頼ってみよう

認知症サポーター養成講座は、認知症とはどのようなものなのか、中核症状と周辺症状、診断や治療、予防、認知症の人と接するときの心構えと介護者の気持ち、サポーターにできることなどを学びます。
認知症サポーターは、治療行為はできません。
認知症について知識がある人の力を借りることができれば、本人もその家族も安心して認知症ケアに取り組んでいけるのではないでしょうか。
地域住民のニーズを把握することはキメの細かい作業です。
そのため、地域包括支援センターや医療関係機関だけでは対応しきれないことも少なくありません。
そこで認知症サポーターがフォローをして、必要なときは関係機関に報告をすることでより円滑なシステム運営となっていきます。
認知症は誰にでも起こる可能性がある脳の疾患です。
認知症の方、家族が地域での生活を安全に穏やかに過ごしていくためには認知症サポーターが支えになるでしょう。
頼る人がいないと悩んでいる人は、近くにいる認知症サポーターに相談してみてはいかがでしょうか。
認知症ケアにおける認知症サポーターとは、認知症サポーターキャラバン事業の養成講座を受講、修了した人のことです、認知症に悩んでいる人やその家族をフォローする活動をします。
認知症ケアにおける認知症サポーターとは、認知症サポーターキャラバン事業の養成講座を受講、修了した人のことです、認知症に悩んでいる人やその家族をフォローする活動をします。頼る人がいないとう人は、認知症サポーターに頼ってみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ