生活支援の薬受け取りとは

薬を受け取ってくれるサービス

訪問介護の生活支援として受けられるサポートに、薬受け取りがあります。
薬受け取りサービスは、ホームヘルパーが病院などで薬を受け取るものです。
薬をもらうために病院に行けない人に代わって薬を受け取ってくれます。
この生活支援は、病院に今まで慢性の病気などで受診しており、前回と容態が変わっていないことが前提になっています。
訪問診療で診察を受け、医師が処方箋を発行している場合は、ヘルパーなどの訪問介護員が薬局へ行き、薬を受け取ることが可能です。
薬受け取りサービスは、単に薬を利用者に変わって受け取ってくれるだけでなく、病院などの受診手続きの代行や病院などでの支払い代行も応じています。
高齢者が遠くの病院に通院する負担や、車椅子を利用しているなどで病院に行くことが難しい場合もあるでしょう。
家族が一緒に住んでいると薬受け取りサービスなどの生活支援を利用しなくても問題はありませんが、一人暮らしをしている高齢者にとっては、薬をもらいにくのも難しいケースがあります。
薬受け取りサービスを利用してみはいかがでしょうか。

代理人にも依頼が可能

高齢者だけでなく症状が重い人や乳幼児、高齢者、仕事が忙しくて処方箋の使用期限内に薬をもらうのが難しい場合もあるでしょう。
そのような人は、生活支援サービスを利用しなくても代理人に依頼して薬局で処方箋を受け取ってもらうことができます。
代理人に依頼する際は、いくつか注意点があります。
1つ目は、処方箋の原本を必ず薬局に提出することです。
本人がFAXやネットで受付をして、薬の受け取りだけを代理人にしてもらうだけでも処方箋の原本が必要になります。
2つ目の注意点は、保険証も必要だということです。
再診の場合や保険証の必要がない場合もありますが、処方薬は保険対象であるため念のために代理人に保険証を渡しておきましょう。
3つ目はしっかりと自分の身体の状況を伝えることです。
処方箋を提出する際に問診票を書きますが、代理人の場合はわかる範囲で記入することを求められます。
副作用のリスクなどにも関係する可能性があるため、薬物アレルギー、副作用の経験、服用中の薬を伝えてください。
高齢者の暮らしやすい生活を送るために生活支援を利用したり、代理人に依頼をしたり、自分で無理をせずに他人に頼ることも大切なことではないでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ