買い物代行の流れとは

便利な買い物代行

これから買い物代行を依頼しようと検討している人もいるのではないでしょうか。
買い物代行は、買い物になかなか行くことができない人や歩行が困難な高齢者にとって、とても便利なサービスです。
高齢になると足腰が弱くなります。
これまで苦に感じなかったことも、困難に感じてしまうものです。
車椅子を使用して移動している人は、外に出て自由に移動することはさらに難しいことでしょう。
最近では高齢者向けの事業やサービスが増えてきており、買い物代行サービスも実施している団体が増えてきています。
買い物代行サービスを利用したい人や、高齢者の家族は高齢者向けの買い物代行サービスの流れについて知っておきましょう。
買い物代行サービスとは、食料品や生活に必要なものなど日常生活で欠かせないものを高齢者に代わって買い物をしてくれるサービスです。
歩行が難しい人や、自宅周辺に買い物ができる場所がない場合でも利用できます。

買い物代行サービスの流れ

高齢者向けの買い物代行サービスを利用するには、買い物代行サービスを実施している団体、企業によって細かな流れに違いがあります。
しかし、一般的にサービスを利用するには名前や住所などを登録して、届けてもらいたい商品の予約をし、依頼したい日を指定して、その当日にスタッフが自宅まで訪問する流れです。
予約方法も様々ですが、電話やwebサイトから予約できます。
買い物代行当日は、スタッフに対して購入してほしいものを伝えると、そのスタッフは本人と代わって周辺のスーパーや商店で品物を買ってきてくれます。
買い物が終了すると、再び、自宅を訪問して購入したものを確認し、代金を支払う流れが一般的です。
代金についても事前にお金をスタッフに渡しておく場合と、買い物終了時に代金を渡す、月額制など様々な方法があります。
スタッフが立て替えしてくれる場合もあるため、買い物代行サービスを利用する際に確認してみると良いでしょう。
買い物代行サービスは、単に買い物をしてきてくれるわけではりません。
高齢者を見守るという機能も兼ね備えています。
一人暮らしの高齢者の御用聞きとして、定期的に高齢者の自宅を訪問しているところもあり、異変がないかいち早く察知することができるのです。
高齢者向け買い物代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ