認知症ケアをサポートするライフパートナー

ライフパートナーとは

家族が認知症になったときに、当たり前にできていたことができなくなったり、目が離せなくなったりすると、どの家庭も戸惑うものです。
認知症が進行すると、介護の負担が増え、疲れやストレスが溜まります。
ストレスが積み重なり、介護者の負担が増え続けると、適切な認知症ケアができなくなってしまいます。
適切な認知症ケアをするためには、ライフパートナーのサポートが必要です。
認知症ケアをサポートするライフパートナーは、認知症ケアについての知識を深めて資格を取得するため、安心してケアを任せられます。
ライフパートナーの資格は、2009年から開始された一般社団法人日本認知症コミュニケーション協議会が認定する民間資格です。
日本認知症コミュニケーション協議会では、認知症の人に対して、これまでの生活体験、生き方、価値観を尊重しつつ、その人らしく日常生活を送っていけるように、本人や家族に寄ってサポートする人だと定義しています。
認知症についての基本的な知識、ケア技術を身につけた人が、ライフパートナーの資格を取得することができるのです。
知識と技術のある人が認知症ケアのサポートをすると、介護者の負担を減らすことができるでしょう。

ライフパートナー資格の保持者にサポートを依頼しよう

ライフパートナーは、認知症の人とのコミュニケーションを重視しています。
そのため、他の資格と比べてより具体的な認知症ケアについて知っているのです。
ライフパートナーの資格を取得している人に任せると安心です。
ライフパートナーの資格を取得するためのテキストには、事例が多用されており、より実戦的で現場で活かせる知識を身につけます。
介護福祉やホームヘルパーなどが、ライフパートナーの資格を取得していることが多く、現場で不足している基礎知識を身につけた上で認知症ケアをしているため、家族も安心できるでしょう。
認知症ケアを専門とする人にサポートを依頼してみてはいかがでしょうか。
ライフパートナーに認知症ケアのサポートを依頼すると、介護者の負担を軽減することができます。
現場で不足している基礎知識を身につけた上で認知症ケアをしているため、家族も安心です。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ