在宅で行う生活支援

在宅でも生活支援サービスが利用できる

自宅で介護をしている人は、在宅で行う生活支援サービスの検討をしてみてはいかがでしょうか。
介護者の負担を軽減させることができます。
高齢者の在宅生活支援サービスは、掃除や洗濯を請け負うといったサービスです。
日常生活にお世話が必要な人、高齢者同士でお互いを介護し合う老々介護の場合に、うまく活用することで、介護者の負担を軽減することができるでしょう。
一般的に、介護保険は65歳以上で認定を受けた人、特定の病気で介護が必要な40歳以上の人が利用できるなどの規定があります。
在宅で行う生活支援サービスを利用する前に、確認が必要です。
地域によってもサービス内容や対象者が異なります。
例えば、給食サービスも在宅の生活支援サービスです。
調理が困難な在宅の一人暮らし高齢者や、高齢者世帯に対して給食サービスをします。
健康状態を把握することや孤独感の解消、安否確認ができるため、離れて暮らす家族にとっても、安心できる生活支援サービスではないでしょうか。

在宅生活支援サービスを利用すると

介護者への支援もあります。
在宅介護手当支給サービスは、経済的な負担を減らすことができるでしょう。
また、介護用品支給サービスもあります。
介護者や介護を受ける人も日常生活の利便と精神的、経済的負担の軽減につながります。
これまで住み続けてきた自宅で生活を送りたいと思う人も多いのではないでしょうか。
最期は自宅で迎えたいとったニーズも高いです。
在宅生活支援サービスを利用すると、住み慣れた自宅で快適な生活を送ることができます。
これまでは買い物や調理、掃除、洗濯など負担に感じなかったことも、高齢者になると大きな負担がかかります。
老々介護の場合は、お互いに介護しながら生活をしなければならないため、ベッドメイキングひとつさえも負担になり、衛生を保持することが難しいです。
介護保険対象外での生活支援を提供している団体もあるため、状態や要望に合わせて適切なサービスを選びましょう。
中には、高齢者が単独で利用することを悪用して、高額な料金を請求する業者もいるので、注意が必要です。
自宅で介護をしている人は、在宅で行う生活支援サービス検討してみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ