買い物代行の需要について

買い物に行けない買物弱者は買物代行サービスを利用しよう

高齢者や身体が思うように動かない人は、買い物に行きたくても行けません。
また、最近の地方では、地元の商店街や駅前スーパーの撤退や閉店によって、自宅から徒歩で買い物に行くことが難しくなっているのです。
食料品など、生活に必要な物の買い物に困る人を、買い物難民や買物弱者と定義しています。
2015年には買物弱者は国内に約700万人いるとされていますが、今後も対策をしなければ増え続けていくでしょう。
また、高齢者の運転も問題になっています。
高齢者の交通事故も増えており、高齢者に運転をしないでほしいという声が挙がっていますが、徒歩圏内に買い物できる場所がなければ、運転ができないと死活問題となるのです。
実際に、車を使用しなければならない地域に住んでいる人もいるのではないでしょうか。
このような問題を抱えているのは、高齢者だけではありません。
シングルマザーは子育てと仕事の両立で、買い物に行く時間もないため、買物弱者とされているのです。
買物弱者が増え続けるにつれて、買い物代行サービスの需要が高まっています。

買い物代行サービスの需要

買い物代行サービスは、パソコンや携帯電話、スマートフォンがあれば簡単に利用することが可能です。
買い物代行サービスの需要は、高齢者やシングルマザーだけではなく、共働きで平日に買い物に行けない夫婦からも需要があるとされています。
また、ご当地限定商品の買い物代行も需要があり、地域限定で販売している商品を、依頼人に代わって購入してくれるのです。
買い物代行のサービス内容によって異なりますが、コンサートグッズの買い物代行、毎月お届けする買い物代行、服の買い物代行、取り置き商品の買い物代行など様々なサービスがあります。
ネットでは購入できない商品や、現地でしか買えない商品は、買い物代行サービスを利用する人が高い傾向にあるのです。
メディアにも取り上げられることが多くなった買い物代行サービスは、今後も需要が高まっていくでしょう。
買い物に行きたくても行けない人は、買い物代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。
料金形態が業者によって異なるため、サービス内容や料金についてしっかりと確認することが大切です。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ