認知症ケアにおける「ユマニチュード」について

ユマニチュードとは?

近年、認知症ケアの一つとして「ユマニチュード」が注目を集めています。
ユマニチュードとは、フランスから入ってきた認知症介護技術で、人間らしい認知症ケアとして注目されているのです。
テレビや雑誌などのメディアで見たことがある人もいるのではないでしょうか。
人間らしいケアとは、愛情を持ってケアするだけではなく、相手に伝えるための技術が大切な鍵になります。
基本的な技術は、見る、話す、触れる、立つという4つです。
認知症の介護をする上で、相手に伝えたつもりでも実際には理解していないことが多いため、意思疎通することが難しいですが、ユマニチュードの技術を活用することで、意思疎通ができるようになるとされています。
ユマニチュードの認知症ケアを受けた人は、大切にされている、愛されていると実感することができ、前向きに生きる気力を取り戻すことができるでしょう。

4つの技術について

ユマニチュードの基本的な技術である「見る」というのは、方向、高さ、距離、時間がポイントになります。
相手と水平か、やや下に目線を合わせて正面から顔を近づけると、優しさを表現することができ、見つめる時間が長ければ親密さや愛情を伝えることが可能です。
「話す」技術は、返事がなくても言葉をかけることで、自分の存在と相手の存在に気が付いていることを伝えることができます。
言葉をかけても返事がないと自分も黙ってしまうことが多いため、挨拶やケアをしている内容を言葉にするだけでもコミュニケーションになるのです。
「触れる」技術は、相手に安心感を与える触れ方をします。
掴むのではなく、できるだけ広い範囲で触れると相手に安心感を与えることができるでしょう。
「立つ」技術は、ユマニチュードの4つの技術の中で最も重要なポイントです。
立たせる能力を引き出す介護が必要になるため、ベッドで寝た状態でケアするのではなく、座る時間をつくり、洗顔や着替えのときはサポートしながら立って行えるようにします。
サポートするときは、自分と相手の位置、相手の足の場所、重心の確認、支え方、身体を傾ける角度など、細かい技術も欠けてはなりません。
この4つの技術は、複数同時に使うことで人間らしい認知症ケアとなります。
本質を理解して取り入れると愛情が相手に伝わるでしょう。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ