高齢者の生活支援で実施しているゴミ出し支援とは

ゴミ出しが苦痛に感じる高齢者は

高齢者は、普段の生活をしているだけでも、身体に負担がかかっていることが多いです。
例えば、ゴミ出しです。
足腰が弱くなると毎日ゴミ出しに行くことが難しくなり、ゴミが大量に溜まってからゴミ出しをする場合も、重たいゴミ袋を持って定められたゴミ置場に移動することが負担に感じるでしょう。
身体的にゴミ出しが難しい高齢者は、ゴミ出し支援を利用してみてはいかがでしょうか。
高齢者を対象とした生活支援の一つに、ゴミ出し支援というサービスがあるのです。
生活支援を行っている民間企業や自治体がありますが、ゴミ出し支援を行っている団体のうち9割以上は、直接支援型という委託を受けた業者が高齢者の玄関先までゴミを回収しにいくサービスを行っています。
また、団体に補助金を支給しているコミュニティ支援型というものもあり、市町村から委託されたゴミ収集業者が高齢者に声かけを行っているのです。
さらに、戸別訪問収集、ゴミ収集日前日からゴミ出しが出来る高齢者向けの特別ステーションの設置など、様々な生活支援制度があるため、高齢者や離れて住む家族にとっても、心強いのではないでしょうか。

生活支援サービスを利用しよう

住んでいる地域によってゴミ出しのルールは異なり、足腰が弱い人や、普段から車椅子を使用している人にとって、ゴミ出しというのは苦痛な作業でしょう。
また、雨の日や、雪が降る地域では地面が滑るため、ゴミ出しに危険が伴います。
そこで、ゴミ出し支援サービスを利用することによって、これまでの生活よりも暮らしやすくなるのではないでしょうか。
最近では、ただゴミ出しを代行するだけではなく、安否確認も重要視されています。
ゴミ出し支援サービスを利用しなくなった高齢者には、清掃事業者がケアマネジャーや地域包括支援センターに連絡することを決めている地域もあるのです。
場合によっては、突然の体調不良で倒れていることや、ベッドから落ちてしまい動けずにいる危険性があります。
そのため、ゴミ出し支援サービスの利用は、異常の早期発見にも繋がる重要な生活支援と言えるでしょう。
住む地域によって生活支援のサービス内容が異なるため、しっかりと確認して活用してみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ