高齢者の負担を減らす買い物代行サービス

高齢者にとって負担になる買い物

高齢者になると、買物は身体的に負担となる部分が増えてきます。
そのため、買い物が難しくなるでしょう。
また、車椅子を普段から使用している人にとっても、外出そのものが難しく、必要なものを揃えることができません。
無理をして買い物に行くと、身体に負担がかかります。
そして、買い物の回数を減らそうと一度の買い物でまとめ買いをすると、さらに負担がかかるでしょう。
それだけではなく、高齢化が進んでいる日本は地域の小規模な食料品店が減少し、日常生活に必要な買い物がしにくい現状があるのです。
買い物は介護や医療と比べると、それほど深刻な問題ではないイメージがありますが、高齢者が好きなときに買い物に行けなくなると、食料や薬が手に入らなくなり、健康に影響を及ぼします。
しかし、現状では介護や医療のように、制度がしっかりと整っているわけではありません。
一人で買い物に行くことができずに悩んでいる高齢者も多いのではないでしょうか。
そのような場合は、高齢者向けの買い物代行サービスを利用しましょう。

買い物代行サービスを利用しよう

高齢者向けの買い物代行サービスは、依頼主に代わってスタッフがスーパーやコンビニへ買い物をしてきてくれるサービスです。
足腰が弱っている高齢者にとって、買い物代行サービスはありがたいサービスではないでしょうか。
消耗品や生活必需品、食品など欲しいものをまとめて伝えると、スタッフは指定された日時にその品物を買いに行きます。
スタッフは、自宅周辺のスーパーやドラッグストア、コンビニなどを巡り、買い物を終えると、再び自宅まで戻って購入した商品を届けます。
その際にかかった料金は、スタッフが立て替えたり、事前に渡したりなど事業者によって異なるため、確認が必要です。
買い物代行サービスは、民間企業やNPO法人が運営しており、利用料金も事業者によって異なります。
一般的な利用料金は1件につき、2000円〜4000円です。
高いと感じる人もいますが、無理に買い物に行き、怪我をして入院費、通院費がかかるよりも安いでしょう。
ただ買い物を代行してくれるだけではなく、定期的に利用することでスタッフとの信頼関係ができ、心の支えになることも少なくありません。
肉体的な負担から買い物が難しいという人は利用してみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ