高齢者が外出支援を受けるメリット

一人での外出が不安な人は

介護の外出支援サービスという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
外出支援サービスは、自分で歩行することが難しかったり、身体が不自由だったり、様々な理由で外出が不安な人の外出を支援するサービスです。
外に出たくても一人では出かけられない高齢者や障害者にとって、外出支援サービスはとても心強いものでしょう。
対象者は、自治体や社会福祉法人によって異なりますが、一般的には65歳以上の要介護者、居住地や身体と認知機能の低下が原因で、公共交通機関の利用が難しい人などです。
それだけではなく、付き添える人がいる、要介護3以上、住民税非課税世帯などの条件がある場合もあります。
しかし、民間企業の場合は、医師やケアマネジャーの許可があれば、対象者の基準がないこともあるため、外出支援サービスを検討している人は確認しましょう。
そして、民間企業では、介護タクシーやトラベルヘルパーなどの外出支援サービスも充実しています。

外出支援サービスのメリット

外出支援サービスを受けるメリットは、心と身体が元気になることです。
高齢者になると、一人で出かけたくても身体が思うように動かなくなり、諦めてしまう場合が多いでしょう。
しかし、外出支援サービスを受けることで、出かけることの楽しみを感じ、旅行や外出などで元気になります。
また、身体機能の低下を防ぐといったこともメリットの一つです。
外出せずに一人で自宅にいると、会話することがなくなり、視覚、嗅覚、聴覚に与えられる刺激が極端に減るため、能力が低下してしまいます。
さらに、脳も同様に使わなければ低下してしまうのです。
外出すると、筋力維持にも繋がりますが、様々な風景を見て、人と会話することで脳に刺激を与えることができます。
そして、気分転換にもなるため、日常生活もより活気のあるものへと変わっていくでしょう。
デイサービスなどでも外出する取り組みを行っている場合があります。
車椅子や歩行器をレンタルして家族で外出を楽しむのも良いでしょう。
転倒や疲労には注意しなければなりませんが、家族の思い出が増えます。
様々なメリットがある外出支援サービスを利用して、外出を楽しんでみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ