趣味を楽しみながら認知症予防ができる映画鑑賞

映画鑑賞で認知症予防を

認知症予防には様々な方法がありますが、中でも映画鑑賞は、趣味としても楽しみながらできる予防法としておすすめです。
映画鑑賞が趣味という人には嬉しいですが、なぜ映画鑑賞が、認知症予防に効果があるのか知らない人も多いでしょう。
まず映画鑑賞には、脳を活性化させる効果があると言われています。
画面を見ながら登場人物の心情を想像することは、脳を働かせることにつながり、物語と一緒に一喜一憂することで、非日常を味わう効果が生まれ、脳が自然に活性化するのです。
また、映画鑑賞の後には誰かと感想を話し合いたくもなるものです。
見たこと、感じたことをアウトプットすることで、鑑賞時とはまた違う脳の機能を使うこともできます。
さらに、感想をノートに書くなど、手先を使って作業をするのもおすすめです。
趣味を活かした認知症予防は、長く続くので効果的です。

認知症予防におすすめの映画の選び方

さらに認知症予防の効果を得るためにおすすめなのは、昔見た映画をもう一度観ることです。
昔に見た映画を改めて観ることで、当時には気づかなかった登場人物の心情に思いを馳せることもあるでしょう。
年を取れば分かることもあるもので、映画を観た後に感想を話し合う際には、大いに盛り上がること間違いありません。
想像力がかき立てられて、脳の活性化には大変効果的な映画鑑賞のやり方です。
また、観た当時のことを思い出すこともあるはずです。
一緒に映画鑑賞に出かけた人の記憶や、そのときの出来事、食事など、過去を思い出すことは認知症予防にはとても効果があります。
さらに、飽きが来ないように新しい作品にも挑戦しましょう。
新しい刺激を受けることは、脳への刺激となり、認知症予防にもおすすめです。
新たなコミュニケーションのきっかけにもなり、趣味の仲間が新たに増えるかもしれません。
想像力を働かせることによる知的好奇心の刺激、思い出す手段として、映画鑑賞は認知症予防にもおすすめです。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ