認知症予防におすすめの読書のやり方

読書は認知症予防に最適

読書を日頃から行う人と行わない人がいますが、行っていない人でも認知症の予防を兼ねて、これから読書を始めてみてはいかがでしょうか。
認知症予防に読書は効果があると言われているのは、読書をすると様々な考えや感想が浮かびます。
読んでいるうちに興味関心が湧き、次の展開などを想像するため、想像力も生まれてくるため、脳への働きに効果的です。
また、展開を想像するだけではなく、物語の情景や描かれている人間関係などの感情を読み取ることで、さらに脳への働きを促すことができます。
さらに、読書では読むという行為の中で文字を認識し、忘れかけていた言葉などを思い出す作業にもなるでしょう。
展開の想像や思い出す作業など、脳への働きを同時にできる読書ですが、自宅にいるときには声に出して文章を読む音読がおすすめです。
文字を認識し、理解してから声に出すということは、脳の活性化に有効となります。
活発的な脳の働きを促すことで、アメリカの研究では、アルツハイマー型認知症のリスクを軽減できるという研究結果が出ているのです。

認知症予防に効果的な読書のやり方

読書には想像力や思い出す作業、音読をしながら読むと脳の働きに効果的ですが、読む姿勢によっても効果が違ってきます。
読書は場所を選ばず行うことができますが、基本的に室内で読むことの方が多いでしょう。
室内で椅子に座って読む場合、姿勢に気をつけてみてください。
椅子にお尻を付ける位置も深すぎず、浅すぎない位置を意識し、首の負担も考え、あまり目線を落としすぎないようにも気をつけましょう。
部屋の明るさも眼の負担にならないような明るさ、長時間読み続けるのではなく、休憩を意識しながら読むことが大切になります。
これは、身体への負担を軽減することにも効果的ですが、寝ながら読書をするよりも、座った姿勢で読書を行うと脳への働きが増加すると言われているためです。
読書は認知症予防をしながら、様々な知識も得られるため、飽きや孤独感が軽減できるのでおすすめでしょう。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ