認知症予防と旅行の関係性

旅行が認知症予防になる理由

認知症に絶対にならないという方法はありません。
しかし、予防の方法はたくさんあります。
少しでも長く健康で過ごしたいという人は、認知症予防を普段から心がけましょう。
認知症予防の1つとして、旅行が挙げられます。
旅行をするだけで脳が活性化するのです。
高齢者になると、旅行の機会が減ることもありますが、積極的に出かけてみてはいかがでしょうか。
旅行が認知症予防になる理由は、知らない場所に行き、新しい経験をすることで知的好奇心が刺激されるからです。
また、旅行に行くことで歩く機会が増え、認知症予防に大きく関係する有酸素運動も取り入れることもできます。

五感を意識して脳に刺激を与えよう

認知症予防として旅行に行く場合は、明確な動機を持ちましょう。
いつ、どこで、どうやって旅行をするかなど計画を立てることも脳の活性化に繋がり、認知症予防になるのです。
例えば、時刻表を調べたり、観光地の歴史を調べたり、有名で美味しいグルメを調べたりなど、頭を使う機会が増えます。
旅行であれば、1人でもグループでも構いません。
知らない場所を観光しに行くというドキドキ感やリラックス効果、ストレス軽減にも繋がります。
旅行に行った際は、風景だけでなく匂いや音、触感など五感を意識してみてください。
一度で多くの情報を得ると、脳が活性化します。
また、認知症予防には、コミュニケーションも大切です。
1人で旅行に行く場合は、現地の人と会話をすることを心がけ、グループで楽しむ場合は、感想を言い合うと良いでしょう。
旅行から帰ってきた際には、家族や友人に旅行の思い出話もしてみてください。
人を会話し、コミュニケーションをとることも脳へ良い刺激を与えます。
普段から運動をしていない人は、体力がないため旅行へ出かけても歩くのが疲れてしまい、楽しめないこともあるでしょう。
旅行を楽しむためにも、普段から体力の維持に必要な有酸素運動や、健康に気をつけることも大切です。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ