認知症予防にジグソーパズルが選ばれる理由

ジクソーパズルが認知症予防になる理由とは

認知症予防には様々な方法がありますが、パズルも認知症予防の1つです。
パズルにも、穴埋めパズルや謎解き、ナンプレ、クロスワードなど種類が豊富にありますが、中でもジクソーパズルがおすすめです。
ジクソーパズルが認知症予防になると言われている理由は、ピースの色の判別や図形の認識、記憶、知覚統合力、空間把握力が活発になることが挙げられます。
また、小さいピースを埋めるために手を動かすため、脳が活性化します。
ジグソーパズルは、小さい1つのピースから全体像をイメージし、ピースに触れることで感性や感覚を司る右脳を刺激するのです。
また、同じジクソーパズルを何度もやり直すと、完成したジクソーパズルの絵やピースの位置を覚えるトレーニングになります。
完成形をイメージし、意識して手を動かすことで知覚統合力が向上します。
高齢者になると、体を動かすことが難しくなりアクティブに動くことができなくなることが多いです。
アクティブに動くことがなくなってしまうと、楽しむ気持ちが減り、何事にも消極的になってしまうのではないでしょうか。
体をアクティブに動かすことが難しいという人は、ジクソーパズルで楽しみながら認知症予防をしましょう。
認知症予防のためにと強制的に言われて、嫌々行うと長続きしません。
ジクソーパズルであれば遊びながら、楽しみながら行えるため趣味のように続けていくことができます。
難しいルールもないため、気軽に取り組める認知症予防です。
小さい子どもがいる人は、子どもと一緒にジクソーパズルを楽しんでみても良いかもしれません。

遊びながらジクソーパズルをしよう

ジクソーパズルにも様々なものがあります。
完成後は、部屋に飾れるものを作ってみてはいかがでしょうか。
例えば、家族の写真やお気に入りの写真をジクソーパズルにするのもおすすめです。
オリジナルパズルを作ってくれるサービスを利用することで、自分の好きな写真をパズルにして楽しむことができます。
完成するごとに作品が出来上がるため達成感を感じることができ、次から次へと作りたくなるでしょう。
認知症予防という感覚を持たず、遊びながら取り組んでみてください。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ