認知症予防としての音楽的な活動

認知症予防に効果的な音楽活動

認知症予防には音楽的な活動が良いとされています。
音楽の効果は、体や心をリラックスさせ、健康の維持増進に役立つといったことがありますが、認知症予防に音楽を取り入れた活動は、日本では認知度が高いとは言えません。
しかし、認知症予防に大きな効果があるとされているため、年々期待が高まっています。
また、認知症予防に良いとされている音楽的な活動は、うつ状態を軽減させる効果や、言語力、記憶力の向上、攻撃的な行動の抑制、身体の痛みの緩和などの効果があるとされており、認知症予防のためだけでなく、認知症の症状が進行している人にも効果が期待できるのです。
音楽的な活動は難しいものではなく、身体が不自由な人でも、気軽に行うことができるでしょう。

音楽的活動を取り入れてみよう

普段から、音楽を聴いて楽しんでいる人も多いですが、認知症予防のために効果的な音楽的活動を取り入れてみてはいかがでしょうか。
認知症予防に効果的な音楽活動とは、音楽を聴いたりするだけでなく歌を歌ったり、楽器を弾いたりするなどです。
歌を歌うのが苦手な人や、楽器ができない人は歌詞について話し合うのも効果的であるため、できることから取り入れてみましょう。
また、自宅でも音楽的な活動は可能です。
寝たきりの状態で介護が必要な高齢者に対しては、家族が音楽を聴かせてあげるセルフケアもできます。
しかし、認知症予防のためにはただ音楽を聴けば良いわけではありません。
セラピストなど、専門的知識を持っている人のアドバイスを聞きながら、音楽的な活動を取り入れることが大切です。
例えば、音楽を聴く時間などは個人によって異なります。
専門的な知識がなければ、効果的に音楽活動を行うことが難しいでしょう。
音楽を聴くことで、家族の名前を思い出したり、昔の記憶を取り戻したりこともあるのです。
認知症予防や、認知症の症状を改善する方法は薬だけではありません。
音楽療法というプログラムは、認知症予防にも役立ちます。昔懐かしい歌を歌って、その当時のことを思いだすことで、回想法も同時に取り入れることで、認知症予防になります。