認知症予防に良いと言われているアロマオイルの効果とは

認知症予防にはアロマが良い

最近、テレビや新聞、インターネットで認知症予防には、アロマオイルが効果的と伝えられるようになりました。
アロマは、天然由来のため体に優しく、副作用がありません。
手軽に取り入れられるため、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。
認知症は、これまで記憶を司る脳神経である海馬が、ダメージを受けると考えられていましたが、近年では海馬に直結した嗅覚を司る神経、嗅神経が最初にダメージが受けるとわかってきました。
嗅神経のダメージが海馬に少しずつ伝わり、記憶機能を破壊、脳全体の機能を低下させていくのが、認知症を発症するメカニズムだと言われています。
そのため、嗅神経のダメージを軽減し、修復することができれば、認知症予防や改善できる効果が期待できるのです。

アロマオイルを活用する際は

アロマオイルを認知症予防として活用する際は、精油を使用しましょう。
精油は、植物から丁寧に摘出されたオイルのことですが、アロマオイルには様々な種類があり、科学的に似たような香りをつけたものがあります。
しかし、嗅神経を効果的に刺激するためには、植物由来の成分が必要なので、天然由来の精油を使いましょう。
また、日中と夜で配合成分を区別すると、認知症予防の効果が期待できると言われています。
普段、日中は交感神経、夜は副交感神経の2つの自律神経を切り替えていますが、生活リズムが整うように、それぞれの神経の働きを高められるアロマの組み合わせがあるのです。
日中は、ローズマリー・カンファーとレモンの、活性作用アロマで脳を活性化させ、夜はラベンダーとオレンジ・スウィートの鎮静作用アロマで脳を落ち着かせます。
認知症予防に効果的なアロマオイルの配合割合があり、活性作用アロマのローズマリーとレモンの場合は2:1、鎮静作用アロマのラベンダーとオレンジも2:1が最も効果的と言われています。
市販で販売されている認知症予防アロマも、すべて2:1で配合されています。