認知症の症状抑制に大切な服薬管理

服薬方法を守るために

高齢になると、疾患が見つかりやすくなり、そのため、高齢者の多くは、何かしらの薬を服用しています。
しかし、処方される薬の種類も多くなると、自己管理ができずに薬を飲み忘れ、飲んだことを忘れて重複服薬してしまう人もいます。
決められた服薬方法を守らないと、命に関わる危険性があるため注意が必要です。
そこで重要になるのが服薬管理です。
認知症の高齢者は知的機能が低下するため、指示された通りに薬を服用することが困難になってきます。
認知症の症状が進行すると、1種類の薬を1日1回飲むことさえ困難になります。
介護者が全面的な服薬管理をする場合がありますが、この方法は最適とは言えません。
認知症の症状が進行していても、本人には意思があるためプライドを傷つけてしまうこともあるからです。

服薬管理に工夫をしよう

認知症の人が服薬管理をする際は、工夫が必要です。
例えば、薬を一包化し、数種類の薬を服用時刻ごとにひとつにまとめてみましょう。
そうすることで、飲み忘れや飲み間違いを減らすことができますが、家族や介護者が一包化することができない場合は薬剤師や医師に頼みましょう。
また曜日や日付がわかる人は、服薬ボックスや、お薬カレンダーなどを使用してみましょう。
該当時刻の薬をしっかり服用したか確認することができます。
さらに、1日1回の服用であれば、カレンダーに直接、薬を貼り付けておくだけでも効果的です。
認知症特有の症状に、耳で聞いたことは忘れやすいけど目で繰り返し見て確認できるものは通じやすいことがあります。
そのため、認知症の人が見やすい場所に「薬を飲みましたか?」などというメッセージを書いておくと、自分で服薬を確認することがあります。
しかし、注意しなければならないのは、関心がない場合です。
書いてあるメッセージに関心を持たなくなれば、効果はありません。
そのため、デイサービスを利用している時に服薬するのも良いでしょう。