認知症の方と接するコツは?

まずは、受け入れることが大事

認知症を患っている家族への接し方がわからないという話はしばしば聞かれます。
認知症の家族への接し方の基本は、本人の意思を尊重することです。
認知症の家族でも、人間としての尊厳があります。
自分の意思が受け入れられないと思うと、本人は意固地になって主張を繰り返して事態をこじらせてしまいます。
本人の意思がどこにあって何を望んでいるのかを理解して、なるべく配慮することが重要です。
認知症が進行すると記憶障害がどんどん進行します。
例えば、粗相をして、家族が怒ったとします。
すると自分が何をしでかしたかということについては完全に忘れます。
ところがその時本人がどのように感じたかということは、意外と長く心に残るものです。
すると怒られたということだけが残ってしまうので、「あの人は怖い人だから嫌い」ということになります。(喜怒哀楽の気持ちはいつまでも残っています)
そうなると家族間でも信頼関係を構築するのは難しくなります。
また怒られることが何度も続くと、本人の精神状態がどんどん不安定になります。
その結果、落ち着きがなくなる、幻覚・幻聴・妄想を見るようになりかねません。

さりげない配慮が大事

認知症になると、今までできていたことができなくなります。
しかし、それでも本人にはプライドがあって、「できないことを言い出すのが恥ずかしい」「家族にみっともない姿は見せたくない」と思います。
特に自分の子供に対して、弱みを見せるのは恥ずかしいので、なかなかできることではないです。
このような人への接し方として重要なのは、配慮です。
何も相手が言っていなくても、困っているのであればさりげなく手助けをするなどの配慮を見せる接し方を心がけましょう。
何も言わなくても本当は助けてほしいという気持ちがあります。
そこに何げなく配慮してサポートすれば、両者に信頼関係を構築できます。
接し方の中で重要なのは、相手の意思を忖度することです。
そしてその意思を尊重して、安心できる環境を作り出してあげることが基本的な接し方と認識しましょう。