夏場でなくても注意したい高齢者の脱水症

theme02_img_06

高齢者の脱水症

人間の体の60%は水分、と言われますが、この水分は筋肉に蓄えられています。
そのため、老化によって筋肉の量が減ると、水分も失われることになるのです。
また、高齢者は若い人に比べると水分量が50%以下に減少するので、脱水症になりやすくなります。
また高齢者の場合、筋肉量だけでなく腎臓の機能も衰えます。
そのため、老廃物を排出するためにより多くの尿量が必要になり、水分が多く失われます。
また、喉の渇きに対する感覚が鈍くなるので、「喉が渇いたから水分を取ろう」と思わなくなり、水分を摂取しなくなります。
代謝機能も低下し、薬の影響を受けやすくなることも、脱水症に影響してきます。
脱水症になると、体がだるく感じたり、めまいや微熱などの症状が出ますが、軽度の脱水では症状がわかりにくく、気づかないことが多いので注意しましょう。

脱水症のケアと予防

嚥下障害がない高齢者の場合は、食事以外にも水分を摂取する時間を設けましょう。
水分補給を習慣にすることで、脱水症の予防になります。
嚥下障害がある高齢者の場合は、摂取する食物にとろみを付けたものを食べるようにしましょう。
嚥下障害が重度の場合は、脱水症の程度に応じて、医療機関での点滴などの処置が必要になります。
高齢者は若い人よりも代謝が低下していますが、入浴中や寝ている時も想像以上に発汗しているので気をつけましょう。
また、一度にたくさんの水分を摂取せず、少量ずつこまめに、ゆっくりと水分補給することが大切です。
トイレに行くことが億劫になって水分を控えてしまう傾向もありますので、介護では特にこまめに摂取するように心がけましょう。
高齢になるほど重度化しやすい脱水症は早期発見が重要なので、家族や介護者は食事の量や食事以外の水分補給にも気をつけてください。
東京都品川区下明神のデイサービス「おもと」では、脱水症に関するケアや予防サービスがありますので、お気軽にお問い合わせください。