デイサービスを支える看護師の役割とは

theme01_img_25

 

デイサービスで心強い看護師の存在

デイサービスは介護施設の一種であり、看護師よりも介護士のほうが存在感が強いイメージがあります。
しかし、デイサービスには看護師の従事が義務化されているため、一つの施設に必ず一人は看護師が勤務しています。
介護士では対処できない医療知識を持った看護師の存在は、心強い限りです。
基本的にデイサービスは元気な高齢者が通う施設なので、常に医療を必要としている高齢者はそれほど多くありませんが、病院に勤務する看護師とは役割が少し違います。
デイサービスの業務は大まかに、送迎、健康管理、入浴や食事の介助、機能訓練、ストレスケアなどがありますが、看護師が舵を取って行う業務は健康管理と機能訓練の2つです。
ただし、介護業界の人員不足も相まって、通常は看護師も介護士と同じように介護の仕事を行っている事業所も多いようです。

看護師の主な職務

利用者の健康管理は、デイサービスにおいて非常に重要です。
デイサービスを選ぶときは、認知症予防訓練や機能訓練、趣味や娯楽と言った部分にばかり注目しがちですが、最も根本的な業務である健康管理をおろそかにしている施設は信用に値しません。

毎日の体調チェックはもちろん、健康に関する相談や薬の服薬に関するアドバイスなど、きめ細かなケアが受けられる施設もあります。
毎日の健康管理を行う上で何か異常が発生したら、速やかに医療的な処置を行うのも看護師の役割です。
機能訓練は身体能力を取り戻すための訓練ですが、看護師はそのプログラムを組んだり、訓練中の健康状態に異常がないか見守ったりします。
専門的な分野に力を入れている施設では、理学療法士など各分野に特化した資格取得者と一緒に行うことになるでしょう。
利用者も、医療知識がある看護師がいることで、安心して機能訓練を受けることができます。
デイサービスに従事する看護師は、利用者の病気の兆候を見逃さない観察力が必要です。
そのためにも、利用者とのコミュニケーションスキルの高い看護師が求められています。