デイサービスを支える「管理者兼生活相談員」とは

theme01_img_24

 

デイサービスで兼務可能な「管理者」とは

デイサービスには、必ず配置していなければならない人員が定められています。
その一人が管理者です。
管理者は、デイサービスを全体的に管理する任に就くことになります。
一般的な企業では、名ばかりの会長や名前だけのオーナーなどが存在することもありますが、デイサービスにおける管理者は常勤することが条件となっています。
管理者は経営業務全般が主な仕事で、予算管理や事業計画立案、採用活動や人事なども行います。
管理者業務だけで忙しい事業所も多いのですが、管理者は他の職務を兼務することも可能です。
デイサービスが他に必ず配置すべき人員としての「生活相談員」は、小さな事業所では人員の確保が難しい場合もあります。
そうした場合は、管理者が生活相談員を兼務して「管理者兼生活相談員」を名乗ります。
事業所によっては「管理者兼サービス提供責任者」や、「管理者兼訪問介護員」もいるようです。

管理者兼生活相談員とは

管理者になるには資格は特に必要ありませんが、生活相談員になるためには資格が必要です。
そのため、生活相談員が管理者を兼ねる、といったほうが意味合いとしては正しいかもしれません。
生活相談員は、社会福祉士、社会福祉主事任用資格、精神保健福祉士のいずれかの資格を取得していれば、従事することができます。
デイサービスにおける生活相談員の業務は、ケアプランの作成や家族との面談、経過観察や記録などで、利用者と利用者の家族の生活全般をサポートします。
管理者と生活相談員を分ける場合、生活相談員は管理者の右腕となり、同じ方向を向いて職務を遂行していることが大切です。
管理者兼生活相談員の場合は2つの仕事を並行してやらなければならないため、負担は大きくなるものの、情報交換や意識統一の必要がなく、安定した経営を行うことができる点が強みです。
デイサービスを運営するには、管理者と生活相談員の他に、介護職員、介護職員、機能訓練指導員も必要なため、必要な人員を探す手間が省ける点もメリットと言えます。