デイサービスを支える「介護福祉士」とは

theme01_img_21

 

介護福祉士とは

介護の仕事に携わることはどんな人でも可能ですが、介護のスペシャリストである介護福祉士を名乗ることができるのは、介護福祉士の国家資格を取得した人だけです。
国家資格である介護福祉士の制度は1987年にできたもので、以来、介護士の知識や経験を証明する最上級の資格として知られています。
介護福祉士はデイサービスなどの福祉サービス施設や、医療施設、自宅介護などが主な業務です。
さらに、介護を必要とする人はもちろん、その家族の生活相談などに対応したり、介護福祉士の資格を持っていないヘルパーへの指導なども行います。

介護福祉士の資格を取得するには

デイサービスで介護福祉士として働いている人は、介護福祉士としての勉強を積んで現場に立っています。
介護福祉士の資格を取得するには、介護福祉士国家試験で筆記試験と実技試験に合格しなければなりません。
福祉系大学に付随する養成施設で勉強をしてきた場合は、国家試験を経ることなく介護福祉士の資格が取得できます。
また、福祉系高校や経済連携協定で実務者研修などの実務を修了している場合は、実技試験が免除される場合もあります。
デイサービスなどで実務経験を積みながら介護福祉士を目指している人も多く、仕事の合間を縫って勉強をしている人もたくさんいます。

介護のスペシャリストが果たす役割

介護福祉士は、介護業界で最も信頼性の高い専門資格です。
実は以前まで、介護職員初任者研修取得者で3年以上実務経験があれば、介護福祉士と同等の資格があるとみなされていました。
しかし法改正によって、介護職員初任者研修資格だけでは実務経験があっても優遇されなくなりました。
そのため、介護福祉士を目指して本格的に勉強する人が増えているのです。
これによってデイサービスなどの介護施設では、個人の介護技術の品質向上が常に重視される方向へと変化しています。
介護福祉士を目指す人と、介護福祉士として後進の指導をする人が一体となって、より良い品質の介護を目指している施設ならば、安心して入所することができるでしょう。