ストレスを感じにくい少人数制デイサービスのメリット

theme01_img_09

デイサービスの目的とメリット

介護が必要な高齢者が利用するデイサービスの本来の目的は、食事や入浴、排せつなど生活に欠かせないことをサポートし、交流を通して心身機能の維持増進を図ることにあります。
このほかにも、デイサービスは高齢者の方と同居されているご家族の負担を少しでも軽減することも、目的に含まれています。
しかしこれらのサービス面だけに注目してデイサービス施設を決めてしまうと、高齢者にとって負担になる場合もあるので、ご本人の意思を尊重することが一番大切です。
デイサービスを利用すると、高齢者の方が独りきりでいるような時間が減り、話し相手ができるのでさびしさを感じなくなるというメリットがあります。
デイサービス利用によって外出の機会が増えることで、積極的に身体を動かしたり、気分転換できる機会も増えていきます。
また、栄養バランスを考慮した食事が提供されるので、生活リズムも改善されて健康的な生活を送る習慣ができるなど、いろいろなメリットがあります。

 

高齢者本人の目線で選ぶデイサービス

とはいえ、これらはすべて高齢者の負担を軽減することが本来の目的なので、仮にご本人がデイサービスに対してストレスを感じるようであれば、どんなにていねいなサービスもすべて逆効果となってしまう可能性があります。
つまり、高齢者の気持ちを最優先し、そこにマッチしたケアやサービスを実施しているデイサービス施設を選ぶことが、最良のケアになるということです。
例えば、大勢の人の中では気疲れするという高齢者の場合は、少人数制のデイサービス施設を利用するなど、それぞれのニーズに合った配慮を家族が考えることが重要になります。
デイサービスを利用する時は、メリットの面ばかりを重視するのではなく、高齢者の目線になって本人にとってベストと言える環境にこだわって探す努力が大切です。
少人数制できめ細かなケアを目指すデイサービスは、高齢者ご本人も、そのご家族も安心して過ごせる日々を送ることを目指していきます。