デイサービスでできる認知症予防へのアプローチ

theme01_img_07

認知症は「高齢者の4人に1人」という時代

認知症は、脳細胞が何らかの原因で死滅したり働きが悪くなることによって、その人の心身の活動に障害が現われ、やがて生活にも支障をきたすようになる一連の症状を指します。
厚生労働省の2012年調査によれば、65歳以上の高齢者での認知症の発症率は462万人、その予備軍である軽度認知障害も約400万人と推計され、高齢者の4人に1人が認知症とその予備軍となっているのが現状です。
さらに2025年の推計では、認知症は現在の約1.5倍の700万人超になり、専門家の間では予備軍を加えると1,300万人とも1,500万人以上、つまり高齢者の3人に1人になると予測されているのです。
認知症は、原因別にアルツハイマー型、脳血管型、レビー小体型、前頭側頭型などに分類され、約6割がアルツハイマー型認知症、約2割が脳血管型認知症と言われています。
ちなみに、認知症=アルツハイマー型との認識が多いようですが、同様の症状でも原因が異なるものや、認知症以外の疾患である場合もあるので、専門医の診断と指導のもとに適切なケアを行うことが重要です。

手厚いケアが強みの認知症対応型デイサービス

以前は、認知症状の進んだ高齢者の受け入れを断る通所介護(デイサービス)施設が多くありましたが、現在では認知症の高齢者に対しても可能な限り手厚いケアを行う、「認知症対応型」通所介護の重要性が注目を集めています。
認知症の高齢者を受け入れる認知症対応型デイサービスは、身体ケアや機能訓練の専門知識と技術に習熟したスタッフ数が、通常よりも多く配置されています。
そのため、利用料は通常の施設よりも割高となりますが、その分だけ手厚い介護サービスが受けられることが特色です。
介護の現場は慢性的な人手不足で、スタッフが一人で大勢の利用者のケアを引き受けねばならない施設では、個々の利用者の状態やニーズに合わせた対応は不可能と言って良いでしょう。
それに対して、少人数制で十分な人員を配置した認知症対応型デイサービスは、できるかぎりご本人の自立機能を維持・改善するために、適切で質の高いケアと手厚い支援が行なえるのが最大の強みです。
また、利用者が住み慣れた地域の施設を利用する地域密着型サービスでもある認知症対応型デイサービスは、ご本人に対して理想に近い生活環境を提供するだけでなく、在宅介護におけるご家族の負担を減らして、関わる人のすべてに笑顔をもたらすものになるはずです。