デイサービスのレクリエーションで得られる様々な成果

theme01_img_05

デイサービスにおけるレクリエーションの意義

デイサービスでは、高齢者一人ひとりに合った内容のレクリエーションを行い、 心身ともに健康的な状態を維持してもらえるように努めています。

レクリエーションといっても具体的な内容は想像しにくいかも知れませんが、 実際には、認知症や介護が必要な方でも積極的に参加できるような創作活動などのプログラムを実施しています。

創作活動と聞くと高度で難しい作業のイメージがありますが、 自宅でも簡単に行えるような工作キットを使ったり、楽しく遊びながら脳に刺激を与えるゲームなど、 様々なレクリエーションを提案し、高齢者の負担にならない程度に楽しんでもらうことが可能です。

レクリエーションで作品を作ることは、高齢者の認知症を予防するだけでなく、 目標や目的を持つことにもつながり、作品を一つ作り上げることから達成感を味わうことも狙いとなっています。

時間を忘れてレクリエーションの作業に夢中になっていくことは、高齢者の生活を豊かにするものとなり、 またデイサービスが楽しみの一つにもなっていくでしょう。

また、周囲の人々とゲームをしたり、一緒に作品を作り上げる楽しみを知れば、 さらに社会とのつながりも深まり、そこからコミュニケーションの輪も広がっていきます。

デイサービスで高齢者の心を豊かに

身体が思うように動かなくなると、気分がふさいで、自宅に引きこもってしまいがちになります。

しかし、簡単な作品を作るレクリエーションであれば、高齢者も気軽に参加できますし、おしゃべりをしたり、手先を使って物を作ったりすることで楽しい時間を共有することができるので、 今までにはない新しい趣味や気づきを発見できるかも知れません。

介護は高齢者の生活をサポートすることも大事ですが、 精神的に豊かになってもらうこと、楽しみを見つけてもらうことも大切な要素となります。

デイサービスの利用をご検討中の方は、ぜひレクリエーションの意義と取り組み方についても注目してみてください。