デイサービスにおける高齢者の嚥下障害とリハビリの重要性

theme01_img_04

高齢者に多い嚥下機能障害とは

誰でも年齢を重ねるごとに、身体の機能は自然に衰えていくものですが、 高齢者に多いとされる嚥下機能障害(えんげきのうしょうがい)もその一つです。

嚥下機能障害とは、食べ物や飲み物を飲み下す機能が低下することで、 そのことによって様々な弊害がもたらされることが問題になっています。

また、筋肉の低下だけではなく、意識(脳の判断力)、喉頭蓋の変形など、様々な理由もあります。 若い人ではそれほど意識することはありませんが、食べ物を飲み込むための筋肉が衰えると、食べ物を食道から胃へと正しく送ることができなくなります。

誤嚥によって食べ物が気道に入って詰まったり、 気管内で雑菌による感染症を起こすと、しばしば誤嚥性肺炎に至る事態に至ります。 誤嚥性肺炎は、肺の中に細菌が悪さをすることです。

嚥下機能障害を起こしている高齢者には特有のサインが見られないことがあるので、気付かない内に誤嚥性肺炎を起こしていることがあります。

何よりも大切なことは食事中の様子に配慮し、予防のためのリハビリを行うことです。

デイサービスのリハビリで嚥下機能障害を防止

デイサービスでは、高齢者の食事のサポートはもちろん、嚥下機能障害のリハビリも積極的に行っています。

例えば食事中の姿勢を正し、気道をきちんと確保する訓練によって、 食べ物を正しく飲み込むことができるようになります。

また食べやすさを工夫して、食材をひと口大にカットしたり、細かく刻んだり、 ペースト状にするなど、その人の状態に合わせた料理を提供するとともに、 食べるときにかたわらでサポートするなど細かなサポートを行うことで、 高齢者の日常生活は豊かなものになっていきます。

嚥下機能障害は、高齢者自身の独力では克服できない難しい面がありますが、 周囲のサポートとリハビリがあれば、安全に楽しく食事をすることができるようになります。

また、栄養の摂取だけでなく、デイサービスで周囲とのコミュニケーションの機会を増やせば、 自然と笑顔が増え、食事の時間が楽しく充実したものになっていきます。

温かい見守りの中で嚥下機能障害を防いで楽しく食事をするために、 ぜひデイサービスでのリハビリとサポートを検討してみてください。