認知症ケアで知っておきたいデイサービスのメリットとは

デイサービスの利点を知ろう


自宅のみで認知症ケアが行えないときは、デイサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
しかし、施設に預けることに対してネガティブなイメージを持っている人も少なくありません。
メリットを知った上で、上手に活用することが大切です。
そもそもデイサービスとは認知症対応型通所介護とも呼ばれるもので、認知症を専門とした施設です。
認知症ケアが必要な人に対して、自宅から施設までの送迎や食事、入浴などをお手伝いします。
また、レクリエーションでは認知症ケアとして適切な運動や機能訓練、口腔機能が向上するサービスを行い、心身の機能を維持、回復を目指します。
メリットはそれだけでなく、家に引きこもりがちな人に対してスタッフや他の利用者と接したり、地域交流の場を提供したりすることで、社会的孤独感を減らすことが可能です。
本人だけでなく、介護する家族の負担も軽減できるというメリットもあります。
家族だけで介護をしている家庭もありますが、介護と仕事との両立で自分の時間がつくれず、心身ともに負担がかかるものです。
一人で抱え込まず、外部のサポートにも頼ってみてはいかがでしょうか。

種類と一般との違い


デイサービスにも様々な種類があります。
事業所形態には種類があり、単独型、併設型、共用型の3つです。
単独型は文字の通り単独で運営しており、併設型は他の福祉施設に併設されています。
共有型はグループホームなどの一部を使って実施しています。
また、一般の通所介護との違いも知っておきましょう。
違いの一つは、少人数制で人員配置の割合が高く、手厚いサービスが受けられることです。
症状の特徴として、大人数や見知らぬ人との交流を嫌がる傾向にあります。
そのため、一般では落ち着かないことや、逆に興奮、引きこもりを起こす場合があります。
少人数であれば穏やかに過ごすことができ、手厚いサポートが受けられるでしょう。
また、地域密着型では知らない新しい環境は負担が大きいですが、馴染みのある地域でサービスをうけるので、人々とのつながりを維持することができます。
このように様々な特徴があるため、デイサービスを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ