認知症ケアでやってはいけない事とは

怒鳴ってはいけない


家族や身内が認知症になり、認知症ケアをしている人もいるのではないでしょうか。
初めて認知症ケアに携わった場合、どのように接していいのかわからないことも多くあるはずです。
正しい認知症ケアだと思っていても、それがやってはいけない事かもしれません。
やってはいけない事を知り、適切な認知症ケアをしましょう。
認知症ケアでやってはいけない事の一つに、不安にさせるような言動が挙げられます。
例えば、大きな声で怒鳴るなどです。
言うことを聞いてくれない、気持ちがわからないなど介護者にとってもストレスを感じることがあります。
その際に、つい怒鳴ってしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、本人もなぜ怒鳴っているのか理由がわからないため、不安感が高まってしまうのです。
本人に対してではなくても、大きな声で怒鳴らないように気をつけて、落ち着いた環境を整えましょう。
気持ちをリラックスさせた環境作りをしてください。

落ち着ける環境作り


後ろから声をかけたり、肩を叩いたりすることもやってはいけない事です。
もともと精神状態が不安定になっているため、顔がわからない背後からの呼びかけや、ボディータッチに驚いて転倒してしまう可能性があります。
必ず、正面から顔を見て呼びかけてください。
また、引っ越しなど転居もできるだけ避けたい事です。
認知症になると新しいことが苦手になります。
引っ越しなど、新しい環境に不安を感じる人も少なくありません。
これまでと同じ環境で、昔から使っているものに囲まれて過ごすほうが落ち着くため、転居は避けましょう。
他にも、責めることや否定をしてはいけません。
これまでできていたことが認知症になるとできなくなり、失敗することもあります。
失敗した時は責めるのではなく、優しく声をかけてサポートしてください。
「これはダメ」、「やめて」など否定する言動も避けましょう。
介護を拒否されることもありますが、頭ごなしに否定するような言葉を投げかけると、さらに不安になります。
このように、認知症ケアではやってはいけない事が様々あります。
一つずつ、意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ