認知症予防による芸術療法の効果とは

芸術療法とは


様々な認知症予防がありますが、どの認知症予防も五感を刺激して脳を活性化させることが大切です。
五感の刺激を目的とした認知症予防の一つに、芸術療法があります。
芸術療法とは、芸術を通して表現をすることです。
例えば、絵画や粘土細工、陶芸、彫刻、写真などが挙げられます。
これらの表現手段を利用して、言葉では表現できない感情や願望を表現します。
芸術療法の効果は、不安の解消、感情の解放です。
不安が解消され、溜めていた感情を解放すると心身が健康になります。
これは最近できた療法ではありません。
芸術療法は1942年にイギリスで始まり、様々な疾患の治療に利用されていましたが、近年では認知症患者のリハビリにも用いられることが多くなりました。
認知症予防にも効果的だと考えられている芸術療法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

作品作りを楽しむことが大切


芸術療法で大切なことは、作品の完成度ではありません。
絵を描くことや、粘土を使って一つの作品を作ることの楽しさを感じることが大切です。
例えば、絵を描く時は、描くものを見て描くのではなく、触ったり匂いを嗅いでみたり、味わう、聴くなど五感を使いましょう。
五感を刺激するだけでなく、楽しかったときのことを思い出しながら作品を作ると、より効果が出やすくなります。
しかし、絵が苦手な人もいるでしょう。
絵を描くことが苦手な人が認知症予防のために無理に絵を描いても意味がありません。
興味がある分野を選ぶことが大切です。
俳句が好きな人は俳句を書いてみたり、体を動かすことや音楽が好きな人は、ダンスをしてみたりすると良いでしょう。
自分の興味や関心があるものを選びます。
また、強制されるのではなく自分のペースで行ってください。
一つの作品が完成した後は、周囲に感想を聞いてみるのも効果的です。
周囲の評価が自信につながります。
芸術療法は簡単に始めることができるため、認知症予防として取り入れてみてはいかがでしょうか。

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ