認知症ケアにおける知っておきたい歯との関係性

噛むことの大切さ


家族の認知症ケアを行なっている人もいるのではないでしょうか。
初めて認知症ケアを行う場合、どのようなケアをしていいのかわからないはずです。
効果的な認知症ケアの一つに、噛むことを意識させることがあります。
歯は咀嚼機能だけでなく、ものを噛むと脳に刺激を与えることができるのです。
歯と歯を噛み合わせた時の刺激は、歯根にある歯根膜から脳に伝わり、脳の感覚や運動、記憶、思考、意欲を司る部分を活性化させます。
歯がない人は、脳に刺激を与えることができなくなるため、働きに影響を与えてしまうことも判明しています。
現在の歯数20以上保有の有無でデータを分けたところ、現在歯数の減少は認知症との関連性があることが報告されています。
また、「8020(ハチマルニイマル)運動」と呼ばれる厚生省と日本歯科医師会が推進している運動があります。
これは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という思いが込められていて、20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。
さらに、残っている歯が少ないほど記憶や学習能力に関わる海馬と、意思や思考の機能を司る前頭葉の容積が少なくなります。
認知症ケアとして、歯を治療することも大切です。
 

歯を治療しよう


噛み合わせが悪いままにしておくのではなく、しっかりと噛むことができるように治療しましょう。
自分の歯ではなく、入れ歯やインプラントでも脳に刺激を与えることができます。
歯が無くなると歯根膜もなくなります。
そのため、刺激が脳に伝わらないのです。
入れ歯やインプラント治療を行えば、自分の歯と同様の働きをすることができるため、その人に合った治療を行いましょう。
注意しなければならないことは、入れ歯がしっかり合っていることです。
単に入れ歯を入れるだけでは意味がありません。
適切な入れ歯を使って、正しく噛むように認知症ケアをしてください。
噛める歯が合っても、正しく噛むことができなければ脳に刺激が与えられません。
食事の時に噛むトレーニングをするだけでなく、正しい噛み方を練習すると良いでしょう。
 

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ