介護ケアでのストレス解消のために生活支援を取り入れよう

介護をする家族の負担


家族の介護にストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。
介護をしていると、自分の方が疲れてしまったという人も少なくありません。
特に、自宅介護は介護疲れしやすいです。
家事をしながら介護をしていると、自分の時間がなくなりストレスを解消することができません。
次第に介護から逃れたい、疲れないようにしたいと思うようになると、余計に辛くなってしまうでしょう。
誰しも介護の時間を減らしたい、自分の苦手な作業はやりたくないと思うはずです。
楽な介護はありませんが、一人で抱え込むのではなく、上手く受け止めながら、周囲の力を頼ることが大切です。
介護のストレスを解消させるために、生活支援を利用しましょう。
 

生活支援を利用してストレス解消


介護は病状によって適切なケアが異なります。
特に、アルツハイマー型認知症の家族を自宅介護している人は、会話や指示が理解してくれないことにストレスを感じる傾向にあります。
また、介護されている側は記憶を失うことよりも、これまで普通にできていた食事や排泄、着替えができなくなることへの戸惑いにストレスを感じているようです。
生活支援を利用すると、家族を人に任せることになります。
そのため、介護を放棄しているように思い、一人で抱え込んでしまいがちです。
しかし、上手く介護と付き合っていくためには、自分にできることと、できないことを分けることがポイントになります。
できないことは生活支援を利用しましょう。
認知症介護において、介護はとても大切です。
しかし、そのサポートをする家族の心の健康もとても重要であるため、大切な家族のためにストレスを抱え込まず、生活支援を利用することをお勧めします。
地域によって生活支援の内容は異なります。
最近の生活支援では、ユマニチュードと呼ばれる、言葉や身振り、目線などを用いた総合的なコミュニケーション法を軸とする介護の技術も取り入れています。
外出サポートや家事支援、身体介護など様々なサポートがあるため、自分のための時間を作ってリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
介護者はストレスを抱え込むのではなく、生活支援などのサポートや同じ経験をしている人たちとの交流を通じてリフレッシュすることで、介護のストレスを解消することができるのです。
 

認知症に関する質問・相談はこちらへ

お問合せ